育児にまつわる「知りたい!」をご紹介

妊娠・出産・産後いくらかかる?知っておいたほうがいいお金のこと

妊娠した後は、
我が子の誕生がただ待ち遠しいですよね。

ですがそんな中、気になるのがお金のこと。

子どもが産まれるとお金かかるよ〜、
ということはよく耳にしますが、
それは子どもが成長してからの話ではないのです。

妊娠中から出費ははじまります。

妊娠・出産・産後にかかったお金を
筆者(2児の母)の経験談にもとづき
ご紹介いたします。

目次

妊娠中にかかるお金

妊婦健診の自費負担 約35,000円

妊娠中から出費は始まります。

まずは妊婦健診。

自治体から約14回文の補助券がもらえるため
健診内容によってはお金がかからない
日もありますが、なんだかんだで
ほとんど毎回自費でも支払っていました。

対象外の時期の超音波検査や薬代などが
それに当たるのです。

私の場合、妊娠期間通して約35,000円を支払っていました。

マタニティ用品 約55.000円

マタニティウェアや下着、
妊娠線を予防するクリーム、
むくみとりソックス、骨盤ベルト
などなど、細々した出費がかさむマタニティ用品。

なるべく産後でも着れるよう、
ふわっとしたワンピースなどを購入しましたが、
パンツなどはマタニティ専用のウェアを購入。

骨盤ベルトもなかなか合うものが見つからず
3種類くらい試しました。
今考えるともったいないです・・・。

マタニティフォト撮影 約40,000円

今だけしか撮れない一生ものの記念写真を
と思い、マタニティフォトを撮影。

マタニティフォトが得意なハウススタジオを
調べて予約。

撮影代が30,000円ほどに
現像代が10,000円ほど。

結構な出費ですよね。

後になって知ったのですが、
近所のスタジオでもマタニティフォト撮影が
安価でできたのでそっちでよかったな、
と少し後悔。

大手のフォトスタジオは
大体のお店でマタニティフォトを取り扱っているので
事前に色々と調べてみることをおすすめします。

出産時にかかるお金

分娩・入院費用(個人病院と総合病院の費用の差)

分娩費用については、
個人病院は高く総合病院や大学病院など
大きい病院が安い傾向にあります。


個室か大部屋かという違いによっても
大きく金額が変わってきます。

ちなみに、私は長女は個人病院、
次女は総合病院で出産しました。

個人病院では夫も同室で泊まれる個室。

総合病院では6人の大部屋でした。

気になる費用の差ですが、、、

個人病院・・・710,000円
総合病院・・・440.000円


でした。


31万円の差。

分娩費用自体にそこまで変わりはなく、
やはり入院費用(部屋代)の差でした。

個人病院は個室が一泊5万円ほどで
そこに食事代などがプラスされた形です。

こう考えると、個人病院はとても高いですね。
ですが、夫と同室で子どもの誕生を
祝ったり噛み締めたりするのに
個室の利用はかけがえのない時間となりました。

入院に関するグッズ 約15,000円

パジャマや母乳パット、などなど
入院する際に必要なものを購入した費用です。

パジャマは授乳しやすいもので
ゆったりしたものを2着購入。

細々したものは母乳パット以外にも
悪露用のナプキン
テニスボール(あると便利と聞いた)
飲むゼリー(お産の前に飲む用)
本(入院中に読む用に)
などを購入しました。

産後にかかるお金

ベビー用品 約100,000円

ベビーカー、抱っこ紐、ベビーベッド
などなど、大物に何かとお金がかかるもの。

それ以外にもハイローチェアやチャイルドシート
などなど、本当に出費がかさむのは産後ですね。

我が家が産後に用意したベビー用品はこちらです。

・ベビーカー
・抱っこ紐(頂き物)
・ベビーベッド
・ハイローチェア(レンタル)
・チャイルドシート
・バウンサー(頂き物)
・肌着やウェア
・おむつ
・ケア用品
・バスタオル
・ブランケット

こんなところでしょうか。

なるべくたくさん買いすぎないように、
と注意していましたが、
やはり意外とかかってしまうものです。

内祝い 約80,000円

お祝いを頂いた方にお返しを送ります。

頂いたものやお金の大体3分の1〜半分くらいが
内祝いの金額の目安。


名入りのものを用意したり、
写真を用意したり、と意外と準備が大変。

そして、送料含め、お返しにも
意外とお金がかかるのです。

頂いたお祝いの額にあわせて
3段階くらいのものを用意しました。

里帰りのお礼 約45,000円

里帰りして、親にお世話になったので
そのお礼として3万円と両親お揃いの
パジャマをプレゼント
しました。

お金はなかなか受け取ってもらえなかった
のですが、こっちもねばってなんとか
受け取ってもらいました。

パジャマはとても喜んでもらえて
今でも大事に着てくれています。

妊娠・出産・産後、ここまでのかかったお金の合計は・・・?

上記を元に、
妊娠・出産・産後にかかった費用をまとめました。

分娩費用に関しては、長女の時の個人病院での
金額を元に、そこから出産一時金(42万円)を
差し引いた金額でまとめたところ、

総額570,000円でした。


これ、どう感じますか?

結構かかったな〜

筆者はそう感じました。

とはいえ、上記金額は一人の妊婦の一例です。

もっと節約しようと思ったらできるのです。

例えば、総合病院の大部屋に入院する、
例えば、ベビー用品はお下がりで揃える、
などなど。

ちなみに、次女の際は50,000円以下しか
かかってなかった
と思います。

やはり、初産婦は物も揃ってなく、
知識もないのでお金がかかってしまう傾向にありますね。

まとめ

妊娠・出産・産後の際にかかる費用を
ざっとご紹介しました。

最初のお産の際は
すべてのことが初めての経験だったので
用心に用心を重ねて
色々と無駄遣いをしてしまった気がします。

とはいえ、
その時には「絶対に必要!」
と思ってしまうんですよね。

そしてわからないからこそ、
備えあれば憂いなし。

準備しておくに越したことはないのです。

とはいえ、いくら使ったかわからない!
となるのも後々大変です。

まず最初に、ざっといくらかかるのか
算出してみると良いですね。

この記事であげた項目さえ押さえてれば
それ以外の支出はそれほど
大したことないかと思います。

これから出産を控えた方、
そしてそのパートナーの方、
ぜひ参考にしてみてください!