育児にまつわる「知りたい!」をご紹介

【経験談あり】赤ちゃんが喜ぶ音楽はズバリ「ママの歌」

知育の一つとしても注目されている
赤ちゃんの音楽教育。

早いうちから音楽を聴かせることで
赤ちゃんの脳に好影響がある、
と言われていますが
本当のところはどうなのでしょうか?

筆者自身は赤ちゃんの頃の音楽教育について
色々調べた結果、なんだか難しく感じてしまい
特に積極的に取り入れませんでした。

なので、本記事では簡潔に
赤ちゃんと音楽との関係についてご紹介します。

また、実際に音楽教育を検討した
先輩ママの声もあわせてご紹介します。

目次

赤ちゃんが一番心地よい音楽ってなに?

赤ちゃんが全て音楽が好きかどうか、
それは実際のところはわかりませんよね。

また、それと同じく、赤ちゃんの脳に
音楽が好影響を及ぼすものなのか、ということも
完全に判明しているわけではありません。

ですが、ママの声だけは特別、ということだけは
間違いのない事実なのです。

赤ちゃんは妊娠20週の時からママの声が
聞こえている
、と言われています。

胎内にいる時から、
体を通して耳にしているママの声。

この声を聴くことで赤ちゃんは
リラックス状態になります。

赤ちゃんにとってママの声以上に
心地の良い音はないのです。

なので、赤ちゃんにとって一番心地よい音楽、
それは、「ママの声で歌った歌」
これ以上のものはありません。

基本的にはママが歌いたい歌、好きな歌でOKです。

では、ママはどんな歌を歌ってあげれば良いか、
悩みますよね。

でもこれもなにも難しいことはありません。

ママが好きな歌でいいのです。

ママが楽しんでリラックスしていることで
赤ちゃんも同じ状態になります。

本当に、赤ちゃんとママって一心同体。

だからと言って、毎日カラオケに赤ちゃんを
連れて行って歌を聴かせてあげる、
というようなことはしてはいけません。

赤ちゃんの耳は未熟。

大きな音量を聴かせることは危険です。

あくまでもやさしく、穏やかな声で歌ってあげましょう。

CDや生演奏など、ママの歌以外でも◎

赤ちゃんにいい音楽、
というようなCDってよく売っていますよね。

あれでももちろんOKです。

CDか生演奏かで言うと、
やはり生演奏の方がより良いです。

生演奏の周波数が赤ちゃんの脳に
良い影響を与えてくれる、
と言われています。

ですが、毎日生演奏を聴かせてあげられるなんて
どの家庭でもできることではありませんよね。

なので、CDでも良いでしょう。

ただ、その時に重要なのは
「手段を目的」にしないこと。

要するに、
音楽を聴かせて赤ちゃんの脳に良い影響を
与えることが目的なはずなのに、
気づくといつしか目的が
「音楽を聴かせること」になってしまっている
パパママが多い
、ということです。

CDを買ったんだから
毎日かけなくては!となってしまい、
赤ちゃんが寝ている時も
音楽をかけるパパママが
たまにいますが、それは本末転倒です。

赤ちゃんが寝ている時には静かにしてあげましょう。

また、赤ちゃんが音楽をかけるのを
イヤがるようだったら控えるか、
少しお休みしてからまた試してみるようにしましょう。

どんどん歌いかけてあげましょう。赤ちゃんに嬉しいメリット3つ

ママが歌ってくれることで赤ちゃんの脳には
とてもいい影響があります。

赤ちゃんへのメリット①リラックスする

ママの歌声で赤ちゃんの脳はリラックス状態になります。

ストレスが緩和され、深い安心感を得られるのです。

そのため、グズったり泣いたり、ということが
減ることがあるかもしれません。

結果、ママもリラックスできる、ということですね。

赤ちゃんへのメリット②コミュニケーション能力がアップする

ママの歌声を聴くことで
ママとのコミュニケーションが増えます。

そのことでコニュミケーションを取ることの
楽しさを覚えるのです。

この能力は成長してからも重要なポイントですね。

赤ちゃんへのメリット③感情を表に出しやすくなる

楽しい!嬉しい!興奮!
などといった感情を表に出しやすくなる、
というメリットもあります。

その結果、自然と音楽が好きになっていくでしょう。

【赤ちゃんと音楽】先輩ママの経験談

妊娠中から胎児に良い音楽のCDをよく聴かせてました(東京都 7歳、4歳のママ)

妊娠がわかってからなんとなく立ち寄ったCDショップで
胎児に良いマタニティ期に聴くCDを購入。

妊娠8周目くらいから臨月くらいまで
思いついたら流すようにしていました。

結局その音楽が心地よく、産まれてからもたまに
家でかけていました。

一緒になんとなく鼻歌も歌っていました。

息子も気に入ったのか、その音楽をかけると
ニコニコご機嫌になることが多かったです。

妊娠中も産まれてからもとにかく歌って育児してます(神奈川県 1歳のママ)

音楽教育、というような難しいことは考えてませんが、
歌が好きなので家にいる時や運転中などは
よく一人で歌っています。

妊娠中もそうでしたが、産まれてからも
子どもが寝ている時以外はよく歌っています。

グズった子どもも歌いながら抱っこしてあげたり
揺らしてあげるとすぐ泣き止むことが多いです。

なんとなく音楽が好きな子になったらいいな〜
と思いますが、それ以上に私も音楽が好きなので
将来は一緒にカラオケに行くのが夢です。

音楽が得意な子にしたくてCDやDVDを買い込んだけど結局タンスの肥やしに(福岡県 3歳のママ)

音楽教育に興味があって、
乳幼児期から聴かせるCDやDVDを複数買いました。

家で流すようにしてたのですが、
子どもの反応がイマイチだったのと
私自身が好きになれなくて
結局流さなくなってしまいました。

中には一回も開いていないものもあります。

結局CDの音楽よりも私が歌ってあげる方が
喜んだり泣き止んだりするんです。

あのCDたち、無駄な出費だったな。笑

まとめ

年々高まる子どもへの音楽教育。

それは乳幼児期から始まっている、
いや、胎内にいる時から始まっているのです。

とはいえ、ママが無理して音楽をさせようとするのは
逆にストレスをためることになり本末転倒です。

音楽は音を楽しむ、というもの。

ママも赤ちゃんも楽しい気持ちで
触れ合えることが一番重要なのです。

赤ちゃんを授かったら、ママが好きな曲を
ママが楽しんで
歌いかけてあげることをおすすめします。