育児にまつわる「知りたい!」をご紹介

赤ちゃんのお風呂デビュー!ワンオペ入浴の入れ方と手順

沐浴をしていた赤ちゃんが
いよいよ大人のお風呂デビュー。

パパもママもなんだか緊張してしまいますね。

そして、その緊張がさらに増すのが
ワンオペで赤ちゃんを入浴させる時
なのではないでしょうか。

慣れたら大したことないかもしれないけれど、
慣れるまでは一人で赤ちゃんをどうやって
大人のお風呂に入れてあげるか、
これはなかなか難関なお世話問題なのです。

そんなワンオペ入浴について、
入れ方や手順、その時におさえておきたい
ポイントまでご紹介します。

目次

赤ちゃんが大人お風呂に入っていいのはいつから?

赤ちゃんが沐浴から大人のお風呂に入る
タイミングは、1ヶ月検診を終えて
先生から許可をもらった後にしましょう。

産後1ヶ月までは抵抗力が弱かったり
へその緒の部分が乾ききってないため
なるべく大人とは
別のお風呂にいれた方が安心です。

また、ママの身体の面から見ても、
産後1ヶ月はまだ悪露が続いている
ことがありますので、
湯船に入るのは産後1ヶ月後くらいが
ベストなタイミングといえるでしょう。

赤ちゃんとのお風呂。ワンオペ入浴とは?

パパかママなど
親が一人で赤ちゃんを入浴させることです。

平日はパパの帰宅時間などの関係で
ワンオペ入浴しているママが大半です。

パパママ2人で入浴させる時は
全てがスムーズにいくけれど、
ワンオペだと簡単なことでも
あたふたしてしまうもの。

なので万全の準備が必要になるのです。

いざワンオペ入浴!入れ方や手順、そして万全の準備

赤ちゃんの大人お風呂デビュー。

初日はパパと二人で力を合わせて
セレモニー的な感覚で行うかもしれませんが、
だんだんとママ(もしくはパパ)が
単独で行う日の方が多くなるでしょう。

その時に重要なのが入れ方や手順が
きっちり自分の頭に入っているか、
また、準備は万全か、ということ。

これさえクリアしていたら
ワンオペ入浴を制したも同然です!

1.機嫌がいい時に

大前提として、
赤ちゃんの機嫌がいいタイミングで
入浴を行うようにしましょう。

ワンオペ入浴+ご機嫌斜めな赤ちゃん
↑これはトラブルの予感大です。

2.入浴後に使うバスタオル・肌着・おむつなどを準備

入浴前からいかに入浴後のことを
考えて準備できているかが重要です。

入浴後に赤ちゃんをさっとバスタオルで
くるみ、さっと衣類を着せられる
また、クリームや綿棒などのケアグッズが
さっと手を伸ばしたところに準備されてる、
これができているだけで入浴後の
ママのストレスが違ってきます。

3.自分のパジャマや下着も準備

いつでも赤ちゃんのことを優先して
自分のことがおざなりになるパパママ。

入浴後も自分が裸のまま赤ちゃんの
お世話をする方もいますが、
それ、鏡で自分のその姿を見た時に
とても虚しくなるんです。

なので、できたら入浴後は
自分もさっと着替えられるように
衣類を用意しておきましょう。

4.赤ちゃんの衣類を脱がせバスタオルで包んでおく

さて、ここまできて大体の準備が整いました。

まずは赤ちゃんの衣類を脱がせて
さっとお風呂場に連れて行けるように
しておきましょう。

そのまま裸にしておくと
赤ちゃんが肌寒くて不快な状態になるので
ふわっとバスタオルで
包んであげると安心します。

この時のポイントは、
オムツはまだ脱がせないこと。

ちょっと目を離した隙に用を足してしまう赤ちゃん。

お風呂場に連れてくギリギリまで
オムツはつけたままにしておきましょう。

5.まずは自分を洗う(超スピードで!)

ここまでは丁寧に行っても
ここからは質よりスピード!

自分の顔、身体、髪の毛を目にも止まらぬ
速さで洗い上げましょう。

所要時間2分、一本勝負です!

6.赤ちゃんを迎えに行く

自分をさっと洗ったら
赤ちゃんをお風呂場に入れてあげましょう。

ここのタイミングでオムツをはずします。

まだ首がすわってない赤ちゃん。

手に石鹸がついていてツルッと落としてしまう、
なんていうことがないように
注意して抱っこしてあげてください。

7.赤ちゃんを洗う(頭→体→顔の順で)

赤ちゃんをたくさんの泡で
やさしく丁寧に洗ってあげましょう。

まずは頭、そして身体、
それぞれシャンプーや石鹸を泡立てて
その後流してあげます。

お顔はお水をいきなりかけると
びっくりしてしまうので、
沐浴時と同じくガーゼなどで水拭きして
あげる、という方法でもよいですね。

8.一緒に湯船に入る(2〜3分ほど)

お楽しみの一緒に湯船タイム。

ここでは赤ちゃんと向き合い、
「気持ちいいね〜」
など、たくさん話しかけながら
親子の時間を楽しみましょう。

赤ちゃんは
(お風呂って気持ちいいんだ)
という感覚を持つと共に
親子のスキンシップで心から安心します。

9.お風呂場から出て赤ちゃんをバスタオルで包む

楽しいお風呂タイムですが、
小さい赤ちゃんにとっては体力を消耗
する時間でもあるので、
2〜3分で切り上げましょう。

お風呂から出てまずはバスタオルでやさしく包み
身体の水分をさっととってあげます。

この時、タオルで赤ちゃんの肌を
ゴシゴシこすらないように。

赤ちゃんの肌は薄く繊細です。

やさしくおさえるように水気を取りましょう。

10.自分も拭きパジャマを着る

自分の体もささっと拭き、ささっと着替えましょう。

11.赤ちゃんにおむつと服を着せる

バスタオルで水分をとった赤ちゃんに
おむつをつけてあげ、肌着とウェアを
着せてあげましょう。

12.水分補給してあげる

全てが終わったら、母乳やミルクなどで
水分補給をしてあげます。

入浴で体力を使い、この時に
飲みながら寝てしまう赤ちゃんも多いでしょう。

まとめ 〜赤ちゃんとの入浴ってとっても幸せな時間〜

赤ちゃんとのワンオペ入浴は
自分のことはさておきという感じで
とても忙しないものです。

ですが、そんな忙しさも
湯船で向き合った時の
赤ちゃんのかわいい様子を見て
すっと吹き飛んでしまうでしょう。

もちもちしていてふわふわしている身体、
きょとんとした無垢な表情、
そんな赤ちゃんとのお風呂タイムは
とても幸せな時間です。

この時期しかできない赤ちゃんとの
入浴タイム、存分に楽しんでくださいね。