育児にまつわる「知りたい!」をご紹介

みんなの疑問!子どもの教育費って結局いくらかかるの?貯金どれくらいすればいい?

子どもが誕生して喜ぶのと同時に
不安がよぎるのが「教育費」のこと。

子どもが大人になるまでに
結局いったいいくらかかるの?

色々な選択肢があるのはいいことだけれど
その選択によっては莫大なお金が必要になることも。

なんとなく「お金がかかる」ということは
理解していても、具体的な金額は知らない
ということもあるでしょう。

本記事では文部科学省の調査をもとに
幼稚園から大学までの教育費をご紹介。

「いくらかかるかわからない」
「将来がなんとなく不安」
「結局貯金はいくらすればいいの?」

そんな思いを払拭して、将来のための
教育費貯金の目安にしてみてください。

目次

いくらかかるの?子どもの教育費①幼稚園(3年間)

意外とかかる幼稚園の費用。

ただし、幼稚園と保育園は
2019年10月から幼児教育無償化により
基本的に教育費が無料になります。

これは幼児がいる家庭には嬉しい制度ですよね。

幼稚園、公立と私立 それぞれの費用

公立・・・701,841円
私立・・・1,447,176円

公立と私立で約2倍の差があるのです。

意外にも差が大きいことに驚いた方も
多いのではないでしょうか。

幼稚園、公立と私立 費用の内訳

教育費

公立・・・361,638円
私立・・・956,289円

教育費は約3倍ほどの開きがありました。

基本的な授業料の部分で
公立に対して約3倍の金額がかかる私立幼稚園。

これは職員への支給額が関係しています。

給食費

公立・・・61,254円
私立・・・89,772円

大差はないものの、私立が公立を上回ります。

ちなみに、
給食費は幼児教育無償化の対象外の費用です。

学校外活動費

公立・・・278,949円
私立・・・401,115円

学校外活動費の中でも特に
「芸術活動・地域活動」にまつわる費用で
私立は公立の約1.5倍ほど
金額がかかっているようです。

いくらかかるの?子どもの教育費②小学校(6年間)

公立と私立の差が最も大きいのが小学校の6年間。

お受験をして私立小学校に入ろう、と考える前に
一度かかる費用を確認しておくことをお勧めします。

小学校、公立と私立 それぞれの費用

公立・・・1,933,860円
私立・・・9,169,422円

約5倍近くの金額差。

この年間費用に入学金などがあることをお忘れなく!

小学校、公立と私立 費用の内訳

教育費

公立・・・360,258円
私立・・・5,222,448円

公立小学校は幼稚園ほどの教育費であるのに対して、
私立小学校は年間約100万円の教育費がかかります。

給食費

公立・・・266,646円
私立・・・268,842円

こちらは大差ない金額です。

学校外活動費

公立・・・1,306,956円
私立・・・3,678,132円

私立小学校は学校外活動も充実。

その分の差が金額にもあらわれています。

いくらかかるの?子どもの教育費③中学校&高校(各3年間)

中学から私立に入るという方も多いでしょう。

小学校から私立に入るよりは
だいぶ金額をおさえることができます。

ただし、公立と比べるとやはり倍以上の
金額差
があります。

中学校、高校は部活などの授業以外での
出費も多くなります
ので、その部分も
想定しておいた方が良いでしょう。

中学校&高校、公立と私立 それぞれの費用

<中学校>
公立・・・1,435,662円
私立・・・3,980,799円

<高校>
公立・・・1,352,586円
私立・・・3,120,504円

中学も高校も同じような金額です。

あわせると金額差は約2.5倍です。

中学校&高校、公立と私立 費用の内訳

教育費

<中学校>
公立・・・400,920円
私立・・・2,992,305円

<高校>
公立・・・827,973円
私立・・・2,265,303円

公立は中学に比べて高校の教育費は高くなる
一方、私立は高校の方が安くなります。

学校外活動費

<中学校>
公立・・・903,552円
私立・・・962,796円

<高校>
公立・・・524,613円
私立・・・855,201円

小学校に比べ、中学や高校は
学校外活動が減ることが影響して
金額にもあまり差が生じません。

いくらかかるの?子どもの教育費④大学(4年間)

大学は公立と私立で学費が大きく異なる
ように思われていますが、
小学校に比べるとそう大きな差ではありません。

ただ、私立の中でも理系、また医学部など
入学する学部によっては大きな差が生じます。

※下記の表は全学部の平均であり、国立は国が示す標準額より算出しています。

大学、国立と公立と私立 それぞれの費用

国立・・・2,425,200円
公立・・・2,547,401円
私立・・・3,852,402円

国公立に比べ私立は高額ですが、
小学校などに比べると意外に差が大きくないのです。

大学、国立と公立と私立 費用の内訳

入学費

国立・・・282,000円
公立・・・394,225円
私立・・・252,030円

意外に私立大学の入学費が最も低額なのです。

授業料

国立・・・2,143,200円
公立・・・2,153,176円
私立・・・3,600,372円

授業料には1.5倍以上の差があります。

ただし、大学は授業料の他にも
子どもが住む場所によっては
仕送りなどの出費が発生することがあります。

見えない出費が隠れていることをお忘れなく!

大学入学時までに400万円を貯金するのが目安

教育費は子どもが選ぶ進路により
大きく変化
します。

また、住んでいる地域などでも
教育費はだいぶ異なります。

では、いくら貯金すればいいんだろう?

悩みますよね。

まだ進路もわからないうちから貯金を始める
ので、そこが気になるところでしょう。

一般的には、とりあえずの目安として、
大学でかかる費用約400万円を
大学入学時までに貯金しておけば安心

と言われています。

小学校や中学など、
私立を選択することを悩む時、
まずはその支出を
シュミレーションしてみましょう。

400万円とは別に教育費を支払えるようであれば
その道を選択することも可能です。

ただ、学校にかかる費用とは別に、
習い事費や塾などの費用もかかってきますので
進路の選択は慎重に行いましょう。

まとめ

子どもの教育費は意外とかかるものです。

上記にも記しましたが、学校にかかる費用
意外にも習い事や部活、そして仕送りまで
色々と出費が発生するのです。

奨学金という制度もありますが、
安易に奨学金に頼りすぎるのも考えものです。

子どもに若いうちから借金を背負わせる
ことになるのです。

教育費については、進路を選ぶ前に
まずは夫婦で進路や教育費に関する考え方を
確かめ合うことから始めることをおすすめします。