育児にまつわる「知りたい!」をご紹介

テープ型とパンツ型。おむつのジャストサイズとサイズアップの目安とは?

サイズアップのタイミングに悩む紙おむつ。

サイズが合っていないと
赤ちゃんが窮屈に感じ動きづらかったり
排泄物がもれてしまう原因にもなります。

とはいえ、どれくらいがジャストサイズなのか
いまいちわからない、という声もよく耳にします。

本記事ではおむつのジャストサイズの
見分けるポイントと
サイズアップの目安になるポイントを
それぞれご紹介します。

目次

テープ型おむつのジャストサイズの確認の仕方

マジックテープで留めるテープ型のおむつは
装着時にウエストの太さや太もも周りの太さを
調節できる
ので、
おむつ替えの時に赤ちゃんの体型に
あわせて履かせることができます。

ねんね期の赤ちゃんに使いやすいタイプです。

①テープがしっかり留まる

おむつ替えの時にテープがしっかり留まること。

おむつのサイズがきつかったりすると
テープが留まらなかったり、
お腹にシワがよってしまいます。

適度なゆとりがありつつ、
きちんとテープが留まる
こと。

きちんと確認してあげましょう。

②おへそが隠れる

テープがしまってもおへそが隠れていない
場合はサイズが小さいと考えてよい
でしょう。

赤ちゃんが痩せ型である場合、
お腹のテープに余裕があるので
サイズアップをしなかった場合、
おへそまで隠れない、という状態になってしまう
ことがよくあります。

③おしっこやウンチがもれない

テープ型でもパンツ型でも
おしっこやウンチが漏れるのでは
おむつの意味がありませんね。

漏れてしまうことが続いた場合は
サイズアップを考えましょう。

パンツ型おむつのジャストサイズの確認の仕方

ウエスト部分が何重かのゴムが入ったパンツタイプ。

本当のパンツのように下からパッと
装着することができます。

赤ちゃんの動きが活発になったら
パンツ型に移行してもよいでしょう。


また、日中と夜間でパンツ型と
テープ型に使い分ける人も多いです。

①ウエストが苦しくない

ウエスト部分がゴムになっていて
ずり落ちを防止しているパンツタイプ。

もちろんゆるゆるなサイズ感だと
ダメですが、きつくてウエスト部分に
ゴムが食い込んでいるようでは
赤ちゃんが苦しく、肌かぶれの
原因にもなります。


ウエスト部分のサイズ感を
きちんと確認してあげましょう。

②おへそが隠れる

テープ型おむつ同様、
おへそがしっかり隠れるサイズ感かを
きちんと確認しましょう。

③太もも部分が窮屈でない

足の付け根の部分に当たる所にも
ゴムが入っていて、ずり落ち防止のために
テープ型よりも多少きつい設計になっています。

その部分が太ももにくい込んでいて
あとになるくらいであれば
きついのかもしれません。


多少のくい込みは仕方ありませんが、
くっきり跡がついてしまうようであれば
サイズアップを検討してもよい
サインかもしれませんね。

テープ型パンツ型、おむつのサイズアップの目安とは?

①目安の体重を超えた

紙おむつのサイズとあわせて
それぞれの適正な基準体重が設けられています。

その目安の体重を超えた場合
おむつのサイズアップを検討してもよいでしょう。

②股上が浅くなった

おむつを装着した時に
おへそが隠れていない場合は
サイズアップを検討しましょう。

③お腹や太ももにゴムの跡がくっきり残る

紙おむつのウエストや足部分の
ゴムが体にくいこんでいる
赤ちゃんが不快な思いになる他、
かぶれの原因になることもあります。

赤ちゃんによっては
ウエストがジャストサイズでも
太もも部分がきつかったり、
またはその逆ということもあります。

よく確認してあげましょう。

④おしっこやうんちがもれる

排泄時におしっこやうんちが
おむつからもれることが続いたら
サイズアップの目安です。

ですが、おむつをずれて装着してることも
ありますので、もれたのが初めてであれば
一度だけで判断する必要はありません。

何度か続くようでしたらサイズアップの目安です。

⑤テープ型おむつの場合、テープ留めの位置が外側

テープ型おむつの場合、
テープを留める際その留める位置がお腹側部
もっとも外側になった
それ以上大きくなると留められなくなるので
サイズアップを検討しましょう。

まとめ

赤ちゃんの成長は
思っているよりも意外と早いものです。

それに伴いおむつのサイズアップも
思っている以上にスピーディーかもしれません。

なので、おむつを買いだめするときは
その量に注意しましょう。


たくさん買ってもすぐにサイズアウトしてしまう
そんな経験があるママは結構多いのです。

また、サイズ感に関しては、
色々調べるよりも
赤ちゃんの様子をじっくり観察することが重要です。

紙おむつは育児にとって必要不可欠なものです。

サイズに関しても上手に選んで
親子共々快適に過ごせるとよいですね。