育児にまつわる「知りたい!」をご紹介

「赤ちゃんの睡眠の質」よい睡眠のための環境づくり。温度・服装・照明など。

赤ちゃんの睡眠の質を考えたことがありますか?

近年大人の睡眠の質はよく耳にすることがありますが、
赤ちゃんの睡眠の質については
あまり意識していないパパママも
多いのではないでしょうか。

睡眠の質がいいと健康に成長し、目覚めもスッキリです。

夜泣きをすることが少なくなる、ということも
パパママにとっては嬉しいポイントでしょう。

では、睡眠の質はどうやってよくするのでしょうか?

目次

赤ちゃんの睡眠の質をよくするためのポイントはこの3つ

睡眠の質をよくするために
パパママがすぐにできることがあります。

そのポイントは次の3つ。

・寝る環境
・遊び
・おふろ

以上を意識することで
今日からでも睡眠の質をアップさせることができるのです。

その中でも本記事では特に重要な「寝る環境」について、
ポイントと注意点をご紹介します。

赤ちゃんの睡眠:寝る環境づくりの5つのポイント

赤ちゃんにとって睡眠は健やかに成長するために
とても重要なものです。

寝るときの環境づくりを少し工夫するだけで違います。

赤ちゃんをよい睡眠に誘いましょう。

①寝かせる場所

直射日光が当たらず、
エアコンの風が直接当たらないところに
寝かせてあげましょう。


これは昼寝の時でも同じこと。

また、お昼寝の時も寝ぐずりするという
赤ちゃんは日中のねんねの場所も
夜と同じ場所にしてあげることも効果的。

「ここは寝る場所なんだ」
と赤ちゃん自身にわからせてあげることで
スムーズに睡眠に導いてあげられます。

②寝具

ベビーベッドや大人と一緒のベッドや布団。

それぞれの家の状況で寝具も変わってきますが
共通しているのはやわらかすぎる寝具は
あまり赤ちゃんにはあいません。


深くしずんでしまうくらいやわらかいと
赤ちゃんが呼吸しづらくなる原因にもなります。

適度なかたさがあるとよいでしょう。

また、掛け布団の重ねすぎも要注意。

寒いかな、と心配してついたくさんかけてしまいますが、
赤ちゃんは大人よりも体温が高いため、
大人の感覚で布団をかけてしまうと
暑くて寝づらい原因を作ってしまいます。

寝具は赤ちゃんの様子を見ながら
調整してあげるとよいでしょう。

③寝るときの服装

赤ちゃんのパジャマはどのようなものを選べばいいか。

どれくらいのあたたかさ、涼しさに
調整してあげればよいか、意外と悩みますよね。

年間を通して、基本的に赤ちゃんは寝ている時には
たくさん汗をかきがち
なので、
吸湿性のいいコットン素材が最適です。

月齢別の着せる枚数の目安は以下の通りです。

ぜひ参考にしてみてください。

新生児期〜5ヶ月頃

春秋・・・肌着+ウェア
夏・・・肌着のみでもOK
冬・・・肌着2枚+ウェア(必要に応じてスリーパー)

6ヶ月頃以降

春秋・・・肌着+上下分かれたパジャマ
夏・・・パジャマのみでもOK
冬・・・肌着+パジャマ(必要に応じてスリーパー)

④照明

赤ちゃんが真っ暗にしても怖がらない
場合は真っ暗にして寝ましょう。

もし真っ暗にするのを怖がる場合、
または夜中の授乳がしづらいという場合は
薄暗い照明をつけましょう。

その時、注意したいのが、
その薄暗い照明を赤ちゃんが
直接見えないようにする
こと。

部屋の電気についている豆電球など
赤ちゃんが寝た時に直接視界に入る照明だと
寝つきが悪くなる可能性があります。

床に置くタイプの照明がおすすめです。

⑤寝室の室内温度

エアコンで室内温度を調節する場合、
夏場は25〜28度くらい、
冬場は20〜23度くらいが目安。

春秋など、エアコンを使う必要のない季節の
場合はそのままの温度で問題ないでしょう。

夜中にエアコンをつけっぱなしにする場合は
寝室の乾燥や直接赤ちゃんに風がいかないか
などといったことを気をつけるように
してあげましょう。

まとめ

赤ちゃんの睡眠の質は寝室の環境によって
左右されるといっても過言ではありません。

赤ちゃんの方はぐっすり寝る準備ができていても
寝室が寝心地が悪いと
深い眠りから覚めてしまう
こともあります。

とはいえ、神経質になりすぎることはありません。

大人が不快なことと赤ちゃんが不快なことは同じです。

大人も赤ちゃんも同じように快適な寝室の状態に
整えることで家族全員が快適な睡眠時間がおくれるのです。

一度ご自宅の寝室を確認してみてくださいね。