育児にまつわる「知りたい!」をご紹介

「保活」って何するの?認可保育園申し込みまでの流れとポイントをご紹介

赤ちゃんが生まれてから
これまで経験したことのない幸福感と
充実した日々をお過ごしのママパパ。

着々と迫ってくるのが、そう、仕事への復職の時期。

それに合わせて行う保活(保育園入園の活動)。

特に認可保育園は倍率がどこも高く人気のため、
保活に乗り遅れると大変です。

事前に情報を仕入れ、なるべく早めに行動するようにしましょう。

仕事復帰を控えたママパパのため、
保活の流れやその時々のポイントをご紹介します。

目次

認可保育園の保活っていつから始まるの?

認可保育園に入るのは
途中入園か一斉入園という2種があります。

途中入園は5月〜3月のどの月かで入園することです。

一斉入園は4月に入園することです。

一般的には年度始め、かつ異動なども多く空きが出やすい
4月、つまり一斉入園で入園する児童が多く、
そのために、4月入園の入園希望は
入園時期から遡ること約4ヶ月程前には
締め切られるのが一般的
です。

「まだまだ入園はかなり先なのに!?」
と思うかもしれませんが、
役所の方もたくさんの応募内容をチェックし、
入園者を振り分ける作業が大量なのです。

そう考えると復帰はまだ先、
だから準備も後回し、と思っていると
危ういということがわかりますよね?

先ほどふれた通り、
認可保育園の入園希望願書を提出するのは12月頃が締め切り。

そして、願書が配布されるのはその2ヶ月前、つまり10月です。

そうなると、保育園を見学したりする必要がある保活は
5〜6月頃から開始することをおすすめします。

保活開始時期はなんで5〜6月がおすすめなの?

保育園の入園希望は12月に提出。

願書配布は10月、と説明いたしました。

なので、9月にはどこの保育園に入れたいかを
決定していないといけません。


入園したい保育園の決定する前には
実際にどのような場所で過ごすのかをチェックするため
保育園の見学をする必要があります。

これは必須事項ではありませんが、
後で「思っていたのと違った」
ということにならないようにも
見学はした方が良いでしょう。

そうなると8月以前に見学したいところ。

ただし、夏季期間中は
保育園自体の対応が難しい場合もあり
(夏季で教職員が少なくなる可能性等)
見学は7月中旬以前にお願いしたい、
という園もあるのです。

申し込んでから
すぐに見学できないという場合のことも考え、
見学申し込み開始は5〜6月に行い、
余裕を持って行動することをおすすめします。

保活の流れのポイントはこの4つ!

さて、いよいよ保活の開始です。

「保活」と一言で言っても
何から手をつけていいかわかりませんよね。

色々と手続きがあり難しそう、
そう思うかもしれませんが、実際はそんなことはありません。

流れを一つずつ辿っていけば
なんなく申し込みまで行えますので安心してくださいね。

保活の流れ①役所に行き資料を入手しましょう。

認可保育園の申し込みに関する書類は
各自治体の役所で無料で配布しています。

この資料は入園時に必ず必要なので
余裕を持って取りに行くようにしましょう。

ただし、この資料は取りに来た
全ての人の分用意されていますし、
願書は先着順ではなく選考によって
審査される
ので慌てすぎる必要はありません。

育児のついでで構いませんので
まずは役所で書類を受け取りましょう。

保活の流れ②保育園の見学に行きましょう。

実際に自分の子供が毎日過ごすことになるかもしれない
保育園の見学は保活にとって最重要事項の一つです。

周りの評判やネットの評判なども
大切な判断ポイントではありますが、
やはり自分(親)の目で確かめてみることが最重要。

・保育園の環境はどうか
・先生方の子どもへの接し方はどうか
・通っている園児たちはどんな様子か

などなど、
実際に出向かないとわからない
チェックポイントがたくさん
です。

見学する園の数は家庭によって異なると思いますが、
5園程度見学することをおすすめします。

その内訳としては、
認可保育園3園+認可外保育園2園 です。

認可保育園の中でも公立と私立に分かれてますので
両方を見てみた方が良いでしょう。

認可保育園入園激戦区のエリアにお住いの方は
認可外保育園の数を増やしても良いですね。

保活の流れ③入園希望の園を考えましょう。

色々と園を見学して来た中で、
大体の意向は決まってくることでしょう。

その思いを元に、子どものお世話を共にしてくれる人
の意見も聞いてみましょう。


主には旦那さん(子どものパパ)かと思いますが、
中には祖母が送り迎えをしてくれる、という
ケースもありますので、育児に協力してくれる方の
意見を聞いてみましょう。

ここできちんとパパと(祖母と)お話ししておかないと
入園後に疑問や不満を投げかけられる
ことも出てくるかもしれません。

そうなったら色々見学して
申し込みしたママ(パパ)にとっては
たまったもんじゃないですよね。

そうならないためにも、申し込みする前に
周りに報告したり確認してみると良いでしょう。

保活の流れ④入園の申し込みをしましょう。

園が決まって入園願書が書けたら
役所へ提出しましょう。

これも先着順で有利なわけではないので、
育児の合間に無理せず役所に出向くようにしましょう。

願書には間違った記載がないよう注意してください。

誤表記があると選考が後回しにされてしまう場合もあるそう。

時間的にも気持ち的にも余裕を持ち、間違いなく記載するようにしましょう。

保活のポイントはズバリ「余裕を持ったスケジュール」

初めての保活。

わからないことばかりで気持ちばかり焦るけれど、
実際には難しいことは一つもありません。

ですが、締め切り間近にギリギリ作業するようでは
間違いも起こしやすく、そもそも手遅れになってしまう
可能性もあります。

なので、保活は常に「余裕を持ったスケジュール」を引いて
行動するようにしましょう。

第一希望の保育園にどうか入れますように。