育児にまつわる「知りたい!」をご紹介

【子どもの教育費】いつまでに、いくら貯めればいいの?にお答えします!

子育てをしていてふと気になるのが教育費のこと。

まだ子どもが小さい時は先のことだと思っていても
早めに貯金し始めるのにこしたことはないですよね。

そう考えると急に焦るものですが、
そもそもいつまでに、いくら貯めればいいのでしょう。

色々な情報があふれていて結局どれが本当なの?
という疑問にお答えします。

目次

結論、目標は子どもが18歳になるまでに400万円貯金すること

教育費、一体いつが一番かかるんでしょう。

小学校から私立に行く、中学や高校から私立に行く、
という色々な選択肢がありますが、
一般的には大学入学に向けて貯金する
というのがスタンダードな考え方
です。

(逆に言うと小中高から私立に行く場合は
ここで説明する金額よりももっとたくさんの
貯金が必要になる、ということです。)

もっとも教育費がかかる大学4年間を
乗り切るために貯金するという考え方からすると

18歳までに大学費用の半分である300〜400万円を貯める

ということが一つの目安です。

これは一人につき、なので、子どもが複数いる場合は
その倍ということになります。

結構な額ですよね。

ですが、18歳までに400万円貯めておくと
大学生活の時期の教育費の負担がかなり楽になります。

逆に貯金がないと奨学金の検討も
考えなければいけなくなる可能性があります。

家族でよく相談して早めに進路のイメージだけでも
考えておくとよいでしょう。

貯金をするのは赤ちゃんのうちから!後々だいぶ楽になります。

子どもが赤ちゃんのうちはその後の教育費のことなんて
遠い話、と思うかもしれませんが、
教育費の貯金は基本的には積立貯金

そう考えると早く始めるにこしたことはないのです。

なので、0歳児の時から始めることがおすすめ。

大学に進学するかどうかわからなくても
何かと教育費に出費はつきもの。

赤ちゃんが生まれて落ち着いたら
ぜひ将来の教育費のための貯金を始めましょう。

教育費貯金のポイント①児童手当をそのまま貯金すると中3で約200万円に!

誰でも取り入れやすい方法として
中学生まで支給される児童手当を
そのまま貯金する貯金方法がオススメ
です。

<児童手当 1人あたりの支給額>
0〜3歳未満 15,000円
3歳〜小学校修了前 10,000円(第3子以降は15,000円)
中学生 10,000円

子どもが生まれる前までは
支給されることがなかった手当なので
比較的貯金することは難しくないはずです。

最初からないものとしてそのまま貯金していたら
中学卒業までに約200万円が貯まります。
18歳までに貯めたい額の半分が貯まるのです。

つい使ってしまうことがないよう
児童手当が入ったら貯蓄用の口座にうつすようにしましょう。

教育費貯金のポイント②児童手当の他に月1万円貯めたら400万をクリア!

児童手当で中学卒業までに貯金する他に
赤ちゃんの時から18歳まで月々1万円ずつ
貯めていきましょう。


月1万円×12ヶ月×18年間=216万円
つまり、18年間で216万円貯まる計算になるのです。

これと上の章でご紹介した児童手当の貯金額を
足すと合計400万円オーバーに!
こう考えるとそこまで無理した
貯金額ではないことがわかります。

児童手当と毎月1万円の貯金。

これで将来の教育費を無理せず確保しましょう。

子どもの教育費の貯金に学資保険っていいの?

教育費の貯金でよく取り入れる方法の一つに
学資保険があります。

子どもの教育資金の貯金代わりに
保険もついている学資保険を
取り入れる家庭は多いのです。

メリットとしては、
一回入会すると満期が来るまで気持ち的に
解約しづらい傾向にあるため確実に貯蓄できます。

ですが、デメリットとしては、
返戻率が低いことが挙げられます。

中には支払った額よりも戻って来る額の方が
少なくなるものもありますので
きちんと確認してから契約するようにしましょう。

最近は学資保険の代わりにジュニアNISAなどといった
投資商品を教育資金の貯金がわりにする人も増えているようです。

教育費の貯金に無理は禁物。できる範囲でコツコツ貯めましょう。

教育費の貯金は長期にわたるものです。

毎月の額は無理なく、「続ける」ということが大切です。

大学の教育費だけでなく、
小中高の受験とその教育費が
追加でかかる場合もあるでしょう。

また、学校の費用以外にも
塾代や習い事の費用もかかってきて
気づいたら多額を教育費にかけているということもあります。

いずれにしても、教育費をかけすぎて
他の生活費を圧迫しすぎないように。


ある程度の先行きを見通した上で計画を立てられるといいですね。