育児にまつわる「知りたい!」をご紹介

【ママ達の経験談】知育玩具としても◎木のおもちゃのプレゼントが嬉しいワケ

赤ちゃんの出産祝いに悩む時、
ぜひおすすめしたいのが木のおもちゃ

実際に筆者も出産祝いでいただいた木のおもちゃは
長く愛用し、最も嬉しかったお祝いの一つになりました。

プラスチックの楽しいおもちゃもあるけれど
木のおもちゃはなんだか特別なもの。

そして、子どもも木のおもちゃを与えると
喜んで飽きずに遊ぶ傾向があります。

それはなんでなのでしょう?

筆者と同じく、木のおもちゃをプレゼントしてもらい
愛用していたママたちに
木のおもちゃの特徴や魅力を聞きました。

目次

木のおもちゃが出産祝いのプレゼントで喜ばれる3つのワケ

なかなか自分では買わないから

木のおもちゃ、知育玩具は
普通のおもちゃ(プラスチック製など)に比べて
比較的高価なもの。

なので自分で購入する際には少し躊躇してしまいます。

「木のおもちゃは欲しい、けれど高いから我慢。」

多くのママはそういう考え方を持っています。

欲しい、けれど、我慢。

そういう商品ほど誰かからプレゼントされたら嬉しいものです。

長く使用できそうだから

木のおもちゃは丈夫でしかも壊れづらいものが多く
多少手荒に使ってもOK
というものが多いです。

プラスチック製品、布製品や紙製品のように
割れたりちぎれたりほつれたり、ということを
心配せずに安心してお子さんが遊べます。

また、木のおもちゃはその重さも一つのポイント。

1ピース1ピースが
軽すぎず重すぎずちょうどいい重さ
なのです。

なのでまだ力が弱く、加減を調整しづらい
赤ちゃんが扱いやすいという特徴があるのです。

他の人とかぶりづらいから

出産祝いとして最も多いのが
スタイや衣類、またはブランケットといった
布製のアイテムなのではないでしょうか。

それに対して、木のおもちゃは他の人からの
贈り物とかぶりづらく、喜ばれる傾向
があります。

実際にお祝いで木のおもちゃをもらったママ達の声をご紹介

出産祝いで木の積み木のおもちゃをもらいました! 3歳男の子ママ

出産祝いで親戚から木の積み木と型はめパズルをいただきました。

出産前に着るものやスタイなどは複数用意していたのですが、
おもちゃは全くなかったのでとても嬉しかったです。

木のおもちゃは初めて手に取ったのですが、
あたたかみがあって触っているだけで気持ち良いです。

息子もとても気に入っていて3歳になった今でもよく遊んでいます。

知育玩具としても良い木製のブロックを出産祝いでもらいました 4歳女の子ママ

知育に興味があったので、
子どもが生まれたら木の知育玩具を与えたいと
産前から思っていました。

なので出産祝いのリクエストをもらった時は
「木の知育玩具!」と即答しました笑
もらったのは形を当てはめて入れるブロック。

見た目も可愛くて子供も気に入って遊んでいます。

形を認識することにプラスして
数のお勉強もできるので長く愛用しています。

小さい時は歯固めとしても笑 木のおもちゃは飾ってもかわいくてお気に入り 2歳男の子ママ

出産祝いとして木のおもちゃをもらいました。

歯が生え始めの時はひたすら木のおもちゃでアムアム
歯固めのように使ってました笑

ちょうど良いかたさだったんですかね。

今はそんなこともなくなり、本来の遊び方で遊んでいますが、
見た目もいいのでリビングにおもちゃ兼インテリアとして
置いています。
親子共々お気に入りのおもちゃです。

木のおもちゃ・知育玩具の一例

【Bloomingville】ブルーミングヴィル/木製型はめブロック(積み木)ピンク

おしゃれでかわいらしい側面に描かれたアニマル達が楽しい型はめブロックです。

円形、五角形、四角形、三角形というシンプルな形は赤ちゃんが認識しやすい形状で、早期の形の認識と空間認識を促す知育玩具です。

【Bloomingville】ブルーミングヴィル/木製ケーキ10個&ケーキスタンド

女の子の赤ちゃんには、こんなにかわいいおままごとの木のおもちゃもおすすめ。
ごっこ遊びの中でコミュニケーションの楽しさを学びます。

【Kids Concept】キッズコンセプト/木製おままごとレジスター

飾っておくだけでもかわいい木製のレジスターのおもちゃです。
数字のお勉強と遊びがあわさって楽しく知育できるアイテムです。

木のおもちゃ・知育玩具のプレゼントは万人に嬉しいアイテムです!

木のおもちゃ・知育玩具の魅力はお分りいただけましたか?
出産祝いや誕生日のお祝いに悩んでいる方は
ぜひ木のおもちゃの購入を検討してみましょう。

きっと喜んでもらえるはずです。

木のおもちゃは当店でも複数取り揃えています。
北欧インポートベビー用品kultidはこちらから。
ぜひご覧くださいませ。