育児にまつわる「知りたい!」をご紹介

【経験談あり】妊娠中の肌トラブル。気になる変化とケア方法。

妊娠中はホルモンの状態が大きく変化
その結果、体にも色々な変化が起きます。

肌荒れ、乳首の黒ずみなど、
目につきやすい肌の変化が自分では
感じやすいところではありますが、
妊娠線や体毛の変化も多くの妊婦さんに起こることです。

色々なトラブルが起こりやすい妊娠中。

知っていることで事前にケアするポイントも
イメージしやすいはずです。

本記事では多くの妊婦さんに起こる
代表的な体の変化やトラブルをご紹介します。

目次

妊娠・出産で肌質が変わるママ多数。

妊娠を機に肌の状態というよりも
肌質が変化した、と思うママは多く、
それをきっかけに化粧品を変えた、という人も多いのです。

ホルモンの影響を受けると共に
肌のバリア機能が低下したり、
血液の量や体温が変化することでも
肌の状態は大きく変化するもの。

いずれにしても、妊娠中は体のホルモンが
変化するタイミング。

産後、落ち着いてきたら元に戻ることがほとんどなのです。

妊娠中に肌の状態が悪化し悩んでいても
産後にはまたいつもの状態に戻るので
あまり心配しすぎることはないようです。

妊娠中の代表的な肌の変化

①肌が荒れる・乾燥する

妊娠初期から増えるプロゲステロン

これは皮脂分泌を増やし水分を溜め込む
作用のあるホルモンです。

この影響を受けやすい体質の方は
ニキビができやすかったり
むくみが起きたり、
はたまた乾燥したり、というように
様々な肌トラブルを引き押すことがあります。

急に肌質が変わり、戸惑いますが
妊娠中期になるとだんだんと落ち着いてきますので
あまり気にしすぎることなく、
毎日の保湿や水分補給などの
シンプルなケアを心がけましょう。

②乳首が黒ずむ

妊娠するとだんだんと乳首が黒ずんできます。

出産する時には焦げ茶色のような色になる
妊婦さんも珍しくありません。

これもホルモンの関係。

ホルモンがメラニン色素を増やすので
メラニン色素が多い部分は
妊娠期には特に黒ずむ傾向があります。

目に見える変化なのでびっくりするかもしれませんが
これも出産後、または授乳が終わった後
だんだんと元の色に戻っていきます。

③しみやそばかすが濃くなる

これも②の乳首が黒ずむことと同じこと。

ホルモンの関係でメラニン色素が増える関係で
顔や身体にあるシミやそばかすが
一時的に濃くなるのです。

とはいえ、メラノサイトが活性化している妊娠中は
いつも以上に紫外線対策をすることを心がけましょう

④妊娠線ができる

妊娠期間が進み、お腹が大きくなるにつれて
急激にお腹の皮膚が引っ張られ、
皮膚の表面にヒビが入ってしまった状態になるのが
妊娠線の正体。


お腹以外にもお尻や太ももにできたりする場合もあります。

この対処法としては保湿あるのみ。

皮膚に水分が蓄えられていて
柔軟性があればヒビ割れを起こす可能性が低くなります。


妊娠線ができるのが気になる方は
ぜひお腹が大きくなる前からもクリームなどで
しっかり保湿するようにしましょう。

⑤体毛が濃くなる

ホルモンの関係で身体中の毛が濃くなります。

産後に髪の毛が抜ける、ということを
耳にするかと思いますが、
これは妊娠中に増えたぶんの毛が抜ける
とも言われています。

なので特に対策は必要ありません。

産後落ち着いたら元の状態に戻っていきます。

⑥肌がかゆくなる

肌が乾燥することでかゆみが発生する場合があります。

また、乾燥以外でも体温の上昇や
血流量の変化によってもかゆみを引き起こすことがあります。

妊娠中はいつもよりも体温が高くなっている状態です。

かゆみは体温が高いほどより感じる傾向があるので
身体のあたためすぎには注意するようにしましょう。

【先輩ママの経験談】妊娠期の肌トラブルはこうやってケアしました!

体も顔も唇も全てが乾燥!保湿ケアグッズが手放せませんでした。

妊娠初期から今までの化粧品が肌に合わなくなりました。

妊娠前はややオイリー肌寄りの混合肌だったのですが、
一気に全身乾燥肌に。

まずは持っているスキンケア用品を全て変え、
とにかくたっぷり保湿をおこなうように心がけました。

唇も乾燥がひどかったのでリップは手放せませんでした。

早めにオイルを塗る習慣を作り妊娠線を作らないようケアしました。

妊娠初期から妊娠線のケアに入浴後お腹を中心に
オイルをたっぷり塗るようにしました。

そのまま寝て朝は保湿クリームを塗り、
朝晩あわせて妊娠線のケアは怠りませんでした。

その成果が出たのか妊娠線はできず今でもきれいなお腹をキープしています。

肌のケアが足りなかったのか全身かゆくなって困りました。

お腹の大きさが気になりだした時からお腹には
オイルやクリームを塗るなどケアをしてきたつもりでした。

ですが、臨月間近になって、お腹がかゆくてたまりませんでした。

お腹だけならいいものの、足や腕までかゆくなるように。

保湿ケアが足りなかったのでしょうか。

かゆみって他人にはわかりづらいことなので地味に辛いですよね。

妊娠中の肌トラブルは誰にでも起こり得ること。特に冬場は要注意です。

ホルモンの関係や体調の変化で、妊婦さんの多くが
肌トラブルを何かしら感じるようになります。

特に感じやすいのが乾燥に関する肌トラブルです。

特に冬場は妊婦さんでなくても乾燥する季節。

妊娠期が冬をまたぐようでしたら
さらに気をつけることをおすすめします。

何れにしても、しっかり早めにケアをすることが
お肌にとっては最も重要なのです。

あとは、あまり気にしすぎないこと、これも重要です。

お肌のことを気にしすぎるがあまり
それがストレスになってしまう、
なんてことがないように気をつけましょう。