育児にまつわる「知りたい!」をご紹介

いつ?どうやって?赤ちゃんの手形と足型の残し方とコツをご紹介

小さい小さい赤ちゃん。

すぐ成長してみるみる大きくなってしまう前に
愛しい気持ちを込めて手形や足型をとる
ママパパは多いものです。

とはいえ、手形と足型をとるなんて初めての経験。

いつ?どんなタイミングで?
そして、どうやって?どんな注意点が?
などなど、意外と疑問が多いもの。

そんな手形、足型の取り方とそのコツを
経験談を元にご紹介します。

目次

初めての赤ちゃんの手形・足型は命名式の時が理想的

赤ちゃんの手形や足型は
いつ取らなければいけない、というような
はっきりとした決まりはないのですが、
多くの家庭が初めての手形・足型は
命名式(お七夜)の時に行うことが多い
ようです。

筆者も同様でした。

命名式の際に、毛筆で名前を半紙に書き入れる時に
一緒に手形足形もとりました。

この時には墨汁や筆、また半紙が揃っているので
ちょうどいいんですよね。

しかも、命名した文字と一緒に飾ることも
できるので何かと都合が良いのです。

赤ちゃんの手形・足型の取り方

赤ちゃんの手形・足型の取り方は簡単。
下記の手順だけです。

1 赤ちゃんのご機嫌がいい時を見計らいましょう
2 赤ちゃんの手や足にインク(墨汁)を塗ります。
3 紙を手や足に押し付けハンコのように転写します。

これは赤ちゃんの手足にインクを塗るタイプの流れですが、
近年は粘土のようなものに手足を押し付けるタイプ
立体感ある手形・足型も人気です。

重要!赤ちゃんの手形・足型を取る時の6つのポイントやコツ

この画像のように、手形・足型を取る時、大人たちは必死になります(笑)

手形・足型を取る前に、下記のポイントだけはチェックしてみてください。

1 赤ちゃんが寝ている状態ですることがベスト

多くの赤ちゃんが手形・足型を取る時に
手や足にインクを塗られるのが気持ち悪いのか
暴れたり泣き出す子が多いもの。

それでも押さえて取れればいいのですが、
大体の赤ちゃんは泣き出すと力が入り
手をギューっとグーに握ってしまうのです。

その時の力って意外と強くて
大人が指を広げさせようとするのは困難なのです。

そうならないために、赤ちゃんが機嫌がいい時
手形・足型を取ることが望ましいのですが、
それが睡眠中だとよりやりやすいのです。

熟睡してるタイミングでそーっとインクを塗り
優しく手を取り紙を押し付けましょう。

終わった後に手のインクをウェットシートなどで
拭き取ることも忘れずに。

2 大人は2人以上いないと大変

手形・足型を取る時に大人が
ワンオペでやろうとするととても大変なことになります。

赤ちゃんが暴れ出しインクが飛び散り、
いろんなものが収拾つかなくなるのです。

また、起きてる赤ちゃんが手形・足型を取る時
一人が押さえつけ、一人がインクを塗ったり
紙を押し付けたらり、という役割分担をした方が
スムーズにことが進みます。

事前にパパと協力し手順を確かめ合って行えればいいですね。

3 部屋が汚れてしまうのを防止するため新聞紙をフル活用

手足にインクを塗った赤ちゃんが暴れると
びっくりするくらい部屋の中が汚れます。
(実際筆者も家のソファが汚された経験があります…)

なので手形・足型を取る前に部屋には
できるだけ新聞紙を敷き詰めましょう。
備えあれば憂いなしですね。

4 赤ちゃんの入浴前に行うのがベスト

手と足に塗ったインクはウェットシート
などで拭き取るだけでは完全に落ちません。

石鹸をつけてしっかり水洗いしましょう。

なので、手形・足型を取るのは
お風呂に入る前の方が良いでしょう。

お風呂に入る直前でお昼寝してくれてる時、
それがベストなタイミングということですね。

5 赤ちゃんの手形をとる前にママやパパで試しておく

何事も練習は重要。

赤ちゃんに行うより前にまずはママパパで
試してみましょう。


実際に自分たちで試すとそのコツや
良い方法が見つかるものです。

予行練習してから本番に挑む
びっくりするほどスムーズに行えます。

6 インクは水性絵の具、紙は半紙がベスト

インクは水性絵の具が最適です。

墨汁でも大丈夫ですが、水性絵の具に比べ
洗っても落ちにくい性質があります。

水性絵の具なら、もし洋服についてしまっても
お洗濯したらほぼ元通りですね。

また、転写する紙は半紙が望ましいです。

かたい紙はきちんと手の形に沿うことができないのでNG。

半紙や半紙のように柔らかいタイプの紙を用意しましょう。

柔らかい紙の方が赤ちゃんとしても
きっと不快感なく応じやすいはずです。

成長記録として、定期的に手形・足型を取ることをお勧めします!

手形・足型は準備や後片付けが少し手間がかかる
というイメージを持っている方もいるのではないでしょうか。

ですが、成長してから昔の手形や足型を見るたびに
やはり感慨深い気持ちになるものです。

誕生日ごとに手形・足型を残す家もありますね。

そうすることで一年一年の成長を振り返りやすく、
また、みんなで成長を喜ぶことができます。

用意するものは少ないので、
ぜひかわいい記録を残してみてくださいね。