育児にまつわる「知りたい!」をご紹介

みんなが悩む妊娠中の頻尿や尿もれ。その原因と予防&対策

妊娠をすると多くの妊婦さんに訪れる
尿に関する体の変化。

これは妊娠期の自然な体の変化からくる
症状なのですが、これまでとの違いに
驚いたり、戸惑う方も多いでしょう。

ですが、あまり気にしすぎることはありません。

また、予防や対策をとることで
症状が軽減することもあるのです。

目次

妊婦あるある。頻尿&尿もれを初めて経験

「1時間に1回はトイレに行かないとならない」
「夜中もトイレで何回も起きてしまう」
といった頻尿になる妊婦の方

「くしゃみをした時にあれ?となりました」
「予期してない時に尿が漏れる感覚がありました」
などといったように尿もれを経験する妊婦の方

自分の体が退化してしまったかのような
錯覚を覚えて戸惑うことがありますよね。

でも、これは妊婦さんとしては
いたって自然な現象なのです。

何れにしても、我慢したり、気にしすぎることは
精神的にも身体的にもよくないことです。

正しい知識を持って
安心して過ごせるようにしましょう。

妊娠中の「頻尿」はなぜ起きる?

おしっこをためておく膀胱は
子宮のごく近くにあります。

なので、子宮が大きくなるにつれて
膀胱が圧迫されてしまう
のです。

これまでは膀胱がたくさんおしっこをためておけたのに
膀胱が圧迫されおしっこをためておける容量が少なくなった、
というイメージをしたらわかりやすいですね。

なので、この症状は産後には解決することがほとんどです。

おしっこを我慢することは体に良くないことなので
尿意があればすぐにトイレに行くようにしましょう。

妊娠中の「尿もれ」はなぜ起きる?

これも頻尿と同様、
子宮が大きくなるにつれて膀胱が圧迫されることが
原因の一つではあります。

それ以外にも、
子宮が大きくなるにつれ、子宮を支えていた
骨盤底筋という筋肉組織が重さによりゆるむことが
一番直接的に影響していると考えられます。

それ以外にも、子宮が大きくなるにつれ、
近くにある膀胱の位置も下がり、
そうなることで、尿道の収縮力が弱まり
ちょっとしたはずみでおしっこが出てしまう、
という症状を引き起こすことも考えられます。

これに関しても頻尿と同様、
産後は元に戻るケースが多いので
そんなに心配しすぎないようにしましょう。

妊娠中の「頻尿」「尿もれ」の2つの予防法

予防法1 骨盤底筋を鍛える

骨盤底筋という骨盤のところで
子宮や膀胱を支えている筋肉を鍛えることで
頻尿や尿もれを改善、予防することができます。

骨盤底筋は肛門や外陰部を取り巻くところに
ある筋肉のことです。

その鍛え方は簡単。下記の通りです。

1 膣をキュッと引き上げるイメージで力を入れてしめる
2 フーッとゆっくり力を抜いてゆるめる

以上です。

簡単ですね。

1と2を5秒ずつくらい10回ほど毎日行いましょう。

その時注意したいのは、
あまりに力を入れすぎてお腹に力を入れないようにすること。

あくまでも鍛えるのは骨盤底筋の部分。

腹部に圧をかけないように注意して行いましょう。

予防法2 きちんとした姿勢で過ごす

これは地味なようで一番効く予防法です。

ダラーっとした姿勢でいると
骨盤底筋もゆるみっぱなしになってしまいます。

座るときも立つときも、
なるべく背筋を伸ばしてお尻に適度な力を入れて
きちんとした姿勢を保つように
しましょう。

妊娠中の「頻尿」「尿もれ」の対策は尿もれパット

尿もれパット、と聞くと
(え!?私そんな歳とってないのに・・・)
といくばくかの抵抗感が生まれるかもしれません。

ですが、妊娠中は膣の近くを清潔に保つことが
とても重要
です。

なので、尿もれなどが起きた時に
さっと吸収し、さっと取り替えることができ、
いつでも清潔に保てることが大切なのです。

尿もれパットを利用し、
尿もれを恐れすぎずうまく付き合っていけたらいいですね。

妊娠中の頻尿や尿もれは産後には元に戻るので気にしすぎないこと

頻尿や尿もれは、妊娠して最もわかりやすい
体調の変化かもしれません。

周りの人も「よくトイレ行くねー」などと
驚くこともあるかもしれませんが、
これは順調に赤ちゃんが育ってくれてる
証でもあるのです。

それに、これらの症状は産後には元に戻ることが大半。
なので、あまり気にせず、
それよりも毎日を快適に過ごせることに目を向けて
頻尿と尿もれともうまく付き合っていきましょう。