育児にまつわる「知りたい!」をご紹介

【保育参加ママの経験談】保育園の1日の流れをご紹介!0〜2歳児

ママが働いている間、一体子どもたちってどのようにして1日を過ごすのだろう。

我が子をこれから保育園に預けようとするママパパにとっては気になるところですよね。

保育園からは大体の流れは聞いたけれど、もう少し詳しく知りたい、そう思うパパママも多いと思います。

本記事では転園なども経験し、複数の保育園での生活の経験がある筆者(2児の母)が保育参加を通して知った保育園の1日の流れをご紹介します。

あくまでも筆者が経験した事なので、全く違うタイムスケジュールの保育園もあるでしょうからぜひご参考までにお読みくださいね。

目次

7:30〜9:00 順次登園

保育園の登園時間は各家庭によってまちまち。

朝早く預ける人もいれば、9時ギリギリに預かる家庭もあります。

朝早いとまだ子どもの数が少ないことから、保育士さんの数も少なく、園舎はしーんと静かです。

この時間、子どもにとっては保育士さんを一人占めできる貴重な時間だったりします。

また、子どもの数が少ないことから、園によっては全学年の子どもたちを一部屋に集めて保育することもあります。

月齢が小さい子たちは、いつもは一緒に過ごさない年上のお兄ちゃんやお姉ちゃんと一緒の部屋で過ごし刺激を受けるのかじーっと見入っていることが多いです。

貴重な縦割り保育時間ですね。

だんだんと子どもの数が増えてくる8時以降からは各クラスに分かれた保育が開始されます。

ゆったり過ごす子どもとは別に、親は保育園に着いてからも大忙しです。

①上着やバッグをロッカーに入れる
②連絡帳を提出
③お手ふきタオルやオムツなどを所定の位置にセット
④お食事用のスタイやタオルをセット
⑤お着替えをセット

数分の間にこれをパパパッと済ませます。

それが終わり、子どもを保育士さんに預けたら、「バイバイ」をしてパパママは出勤していきます。

9:00〜10:00 お部屋遊び&おやつ

月齢が進むと9時頃に朝の会をするようになりますが、月齢が小さい赤ちゃんだけだと朝の会は行わないことも多いです。

その代わり、園によっては午前中の簡単なおやつを食べさせてくれるところもあります。

お散歩前の腹ごしらえという意味なのでしょう。

お部屋遊びはおのおの玩具で遊んだり、保育士さんに絵本を読んでもらったりします。

10:00〜11:00 外遊び

外がだんだんとあたたかくなってきた10時頃から外遊び開始。

園庭で遊ぶか、散歩に出るか、その時の様子や園の状況によって決めるようです。

11:00 園に帰る

外遊びから帰ってきます。

保育士さんと一緒に手洗いし、オムツを交換したり、洋服を着替えます。

11:30 昼食

テーブルにつき、スタイをつけてみんなで揃っていただきます!

保育園には栄養士さんがいて、毎日美味しくて栄養のあるご飯をそれぞれの月齢にあわせたメニューや量で用意してくれます。

自分で食べれる子は自分でスプーンやフォークを持って食べます。

月齢が低い子は保育士さんが補助してくれます。

食べ終わった子からスタイを外してお口の周りを拭いてお昼寝スペースへゴー。

12:00〜15:00 お昼寝

食べ終わった子からお昼寝をします。

なかなか寝付けない子には保育士さんがついて絵本を読んでくれたり、体を優しくなでてくれたりして安心して眠れるように補助してくれます。

家ではなかなかお昼寝しない、という子も保育園ではスッと眠れる子が多いそう。

周りの雰囲気により眠気を誘われるんでしょうね。

15:00〜16:00 起床&おやつ

自然とお昼寝から目覚めるか、起きない子には保育士さんが起こしてあげ起床します。

起きたら今度はおやつの時間です。

食べてからすぐ寝てまたおやつ?と思いましたが、子どもは寝ているだけでも消費しているんでしょうね。

16:00〜18:00 順次降園

お仕事が終わったパパやママがお迎えに来てくれ、順次降園していきます。

子どもたちは自分の親が来るのを楽しみに待っていて、保育園の入り口付近を気にするようになる時間帯です。

親はお迎えの時に担当の先生から1日の様子を聞いたり、汚れものをバッグにしまったりします。

また明日!さようなら〜とご挨拶して帰宅です。

18:00〜20:00 延長保育

18時以降は延長保育となります。

延長保育利用の子どもたちには園によっては夕食が出たり、おやつのようなものが出たりします。

だんだん子どもの数が少なくなって来ると、全学年の子どもたちが一部屋に集まって保育するようになります。

保育園での生活は意外とあっという間!

パパとママは保育園に行った後に会社に行き、仕事をして、帰路につきお迎え、という行動をめまぐるしく行なっているので、保育園で過ごす時間ってとても長いもの、と思いますが、実際はあっという間です。

特に月齢が小さい子どもたちはお昼寝を長時間するため、大人にとっては、遊んで食べて寝たらお迎えの時間だ、くらいの時間の感覚です。

そんな保育園生活に保育参加という形で複数回参加しましたが、特に言えるのが、保育士さんって本当にすごい、ということでした。

複数の子どものお世話をしながら全体を見つつ、愛情を持って接してくれている保育士さんは、本当に一日中動きっぱなしでした。

安心して親が仕事できるのは保育士さんたちのおかげなんだ、と改めて感じるのでした。