育児にまつわる「知りたい!」をご紹介

赤ちゃんの夜泣きはある程度放置してよい!?海外の子育てに学ぶ

赤ちゃんの夜泣き。いつかいつかとヒヤヒヤしているママ・パパも多いのでは!?寝不足覚悟!とは聞くけれど、もっといい夜泣きとの付き合い方はないのでしょうか。

夜泣きの対策として、実は「放置」がいいということをご存知ですか?

海外のパパママの多くは赤ちゃんの夜泣きは放置しているらしく、その方が夜泣きが早くおさまるらしい。
気になるその方法について説明します。

目次

目からウロコ!海外はほとんど「夜泣き」という概念がないらしい!

日本以外のすべての国で、ということではありませんが、欧米の多くの国で赤ちゃんの「夜泣き」という言葉は存在しないそうです。
「え!?海外の赤ちゃんって夜泣かないの?」と思ってしまいますが、もちろんそんなことはありません。夜中に泣くのは世界の赤ちゃん共通の生理現象です。ではなぜ「夜泣き」という言葉がないのでしょう。

海外のパパママは「夜泣き」をそれほど気にしていない

日本では夜泣きについての情報もあふれ、夜寝れなくてとてもつらい子育ての我慢どころ、という認識があるかと思います。
夜泣きがいつからはじまるのか、ヒヤヒヤしてる方も少なくないでしょう。
ですが、海外ではその「夜泣き」について、育児書にその対策法が載ることやママたちのランチの会話にものぼることはそこまで多くはありません。

昼間も夜中も赤ちゃんは泣くものだ、という考え

欧米に「夜泣き」という言葉がないのは、日本で「昼泣き」という言葉がないことと同様です。ちょっと説明が回りくどかったですね。
要するに、赤ちゃんは昼夜問わず「泣く存在」であり、それが昼間か夜中かの違いでしかない、という考えなのです。睡眠リズムが整っていない赤ちゃんにとってスイッチを切ったように夜中は泣かずに寝てなさい、なんて難しいことですよね。「夜泣き」という言葉自体、大人の生活リズムを前提で生まれたものなのですね。

「一人で寝れる」環境を作ってあげ、夜泣きから早期卒業をうながす

別室で寝る もしくは、ベッドは別で添い寝はしない

欧米の多くの過程では産まれた後、結構早い段階で親と寝室を別にすることが常識とされています。
決まった就寝時間に寝室(子供部屋)のベビーベッドの赤ちゃんを連れて行き、授乳を済ませてトントンで寝かせます。
その後寝室をそーっと出て寝かしつけ終了。
住環境により子供部屋を設けることができない場合は夫婦と同室で寝かせることもありますが、その際もベッドは別。添い寝をすることはほとんどないのです。

※海外のすべての国が添い寝をしないわけではありません。アジアや南アメリカなどでは添い寝をする文化な国も多く存在します。

一人で寝れる環境づくりで夜泣きが早い段階でおさまるらしい

親との別就寝スタイルの赤ちゃんは夜泣きをしてもすぐに親に抱っこされたりあやされたりとしないため、自分で再度入眠できる習慣が早めにつくそうです。
夜中に泣いてもその後スーッと一人でまた寝ることでそれを繰り返していくうちに夜中に泣くこと自体なくなっていくそうです。
これを海外では「スリープトレーニング」と言い、自分で眠ることを訓練することで子供の自主性を育てます。

※スリープトレーニングは日本ではねんねトレーニング(略して“ねんトレ”)とも呼ぶことがあり注目されている育児方法です。

便利なアイテムフル活用

一人部屋で赤ちゃんを寝かせてるときに心配なのは何か事故が起こっていないか、ということ。
赤ちゃんは何かあっても上手く伝えることができませんのでその点については細心の注意を払う必要があります。
そのために、海外の家庭には便利なグッズがあるのです。

ベビーモニターで離れていても状況を把握

ベビーモニター

ベッドなどの取り付ける監視用のカメラ。動画を撮影し、親のモニターや携帯電話へ配信。部屋に入らずして赤ちゃんの様子を確認できる便利グッズです。

ベビーセンサー

赤ちゃんの衣類や布団につけ、赤ちゃんの心拍数や呼吸数をはかる機械。もし夜中に異常があったらすぐ知らせてくれます。

このような便利グッズを駆使して赤ちゃんの安全や健康に気を配りながらも夜泣きを放置することでスリープトレーニングを促しているのです。

海外ママに聞く!夜泣き放置の方法

デンマークママ(40代  2児のママ)

デンマークでは基本的に赤ちゃんと親との寝室は別です。
夜中に赤ちゃんが泣いてもしばらくはベビーモニターなどで確認して放置。
そのままにしておくことでまた静かになって寝てしまうことがほとんどです。
ごくたまに泣き止まず激しく泣くことがありますが、その時も基本的には様子をみて、それでも何か訴えるようでしたら母乳やミルクをあげるようにします。
夜泣く赤ちゃんも大体がすぐ一人で眠れるようになるかと思います。

フランスママ(40代 3児のママ)

ベビーとは別室で寝ます。夜中に泣くと部屋まで見に行ったりもしますが、まずは見守り、すぐに抱っこするようなことはしません。
眠りたいのに眠れないから夜中に泣くのだと思うので、余計な刺激を与えず、再度眠りにつくことを見守る、というスタンスです。

ノルウェーママ(30代 2児のママ)

子どもは赤ちゃんのころから子供部屋で寝かせます。寝かしつけたあとはベビーセンサーとベビーモニターはいつでも確認できるようにしておきます。
夜中に泣くとミルクをあげることもあります。
別部屋なのでたまに夜泣きに気づかず寝ていて夫が子供部屋に様子を見に行っていた、ということもありました。

夜泣きは放置することはママにも赤ちゃんにも嬉しいことたくさん

自分で眠れる力がつく&熟睡できる

夜泣きの度に構われることがない海外の赤ちゃんは自分で眠れる(親の寝かしつけを必要としない)ちからが早期につきます。
これが子供の自主性を育てると共に、親からの自立心の目覚めを促します。
そして、さらに、熟睡できるようになります。
外からの刺激が入らず夜泣きが早い段階でなくなってくるので一度眠ると深い睡眠状態へと入ることができるのです。

ママも安眠

これがとても嬉しい点ですが、夜中に何回も起こされることがなくなるのでママが熟睡でき、日中の子育ての疲れを睡眠により解消できるようになります。パパとの夫婦のゆっくりとした語らいの時間が持てることもうれしいポイントでしょう。

昼間の育児も余裕をもった心で楽しめる

赤ちゃんもママも睡眠がきちんととれることで日中がより快適に元気に過ごせます。これが一番ハッピーな効果かもしれません。育児は体力勝負なので夜中の睡眠は何よりも大切と言えるでしょう。

とはいえ、日本の添い寝などの子育て文化は海外で注目されています

ここまででいかにも日本の添い寝や夜泣き対策はだめなことで海外のように夜泣きを放置することがいい、というように感じてしまいますが、そのようなことは一概には言えません。
というのも、日本の赤ちゃんはSIDS(乳幼児突然死症候群)の発生率が世界的にみて低く、それは添い寝文化が影響しているのではないか、と言われているからです。
また、一日中、夜中もママとくっついて寝ていられるのはやはり安心感へとつながり赤ちゃんの情緒的にもいい効果があるとも言われています。

育児は「これが正解」ということがありません。どんなやり方でもいいのです。赤ちゃんとママ・パパがハッピーになれる方法を模索して毎日笑顔で子育てできることが一番大切なことなのです。
夜泣きについても同様です。それぞれの家庭で一番適していると思う対処法を探り、日々の育児を楽しみましょう!

おススメの寝具はこちら


赤ちゃんは産まれて1~2ヶ月もすると、足をバタバタと活発に動かし始めるため自分で布団を蹴ってしまいます。
寝る前にベビーをこの中にスポッと入れてしまえば布団がはだけて寒い思いをさせる心配もありません。
ちょっと肌寒い時から真冬まで重宝するアイテムで、ヨーロッパではよくギフトとして贈られる品です。


A LITTLE LOVELY COMPANY 雲型LEDキッズライト

電源を入れるとやわらかい輝きを放ちます。
LEDなのでライト自体が熱くならず子供が安全に使うことができ、その素材も安全なものを使用しています。
お子さまの夜をやさしく灯し、寝室のインテリアとしても最高にかわいいライトです。

その他、数多く北欧ベビー用品を取り扱っておりますので
kultid オンラインショップヘ どうぞ お立ち寄りくださいませ。