育児にまつわる「知りたい!」をご紹介

ワーママへの理解とサポートNO1の北欧は世界一男女差別がない国々でした

世界経済フォーラムという国際機関が「男女平等度ランキング 2018」を2018年12月18日に発表しました。

その結果はそこに住むワーキングマザーへの理解度と比例すると思われる結果となりました。

【あわせて読みたい!】
やはり北欧は「幸せな国」だった!世界幸福度ランキング2018の結果

目次

「男女平等度ランキング」とは

スイスのシンクタンクの「世界経済フォーラム」が年に一回発表するランキング。

「ジェンダー間の経済的参加度及び機会」「教育達成度」「健康と生存」「政治的エンパワーメント」の4分野での指標を元に導き出されるものであります。

2018年度は世界149カ国が対象。

2018年度のランキング結果

2018年度のランキング結果は以下の通りです。
(かっこ内の数字は去年の順位)

第 1位 アイスランド(1)
第 2位 ノルウェー(2)
第 3位 スウェーデン(5)
第 4位 フィンランド(3)
第 5位 ニカラグア(6)
第 6位 ルワンダ(4)
第 7位 ニュージーランド(9)
第 8位 フィリピン(10)
第 9位 アイルランド(8)
第10位 ナミビア(13)
第11位 スロベニア(7)
第12位 フランス(11)
第13位 デンマーク(14)
第14位 ドイツ(12)
第15位 イギリス(15)
第16位 カナダ(16)
第17位 ラトビア(20)
第18位 ブルガリア(18)
第19位 南アフリカ(19)
第20位 スイス(21)
・・・
日本は110位(昨年は114位)

1位から4位までが北欧諸国が独占!男女が性別によって区別されることのない国々

上位は北欧諸国で独占状態の結果となりました。

特にアイスランドは10年連続で1位という輝かしい結果。

北欧諸国は評価項目のうち、「政治的エンパワーメント」でとても高いスコアを叩き出しました。

政治家の半数近くが女性、という国もある北欧。

また、「経済的参加度及び機会」という項目でも他の国に対してとても高いスコアに。

これも女性が男性と同じように働く機会が与えられ、管理職に就くのも男女の差別がない国ならではの結果でしょう。

とはいえ、教育の文化では上位と下位の差はそれほど大きくなく、社会に出てからの差が急に大きくなる、ということがわかりました。

自主性を重んじた教育を受けた北欧の若者は社会に出てからも変なしがらみに惑わされることなく、公正な判断で社会と接している表れなのです。

そしてそこにはその公正な判断を後押ししてくれるフェアな社会が存在しているのです。

日本は149カ国中110位という結果に。まだまだ男女差別が色濃い現状

日本は教育の分野でこそ他国と同等の結果となったが、政治や経済の部分で大きく他国から遅れを取る形となりました。

特にランクが低かったのが女性の国会議員数。世界で130位という結果でした。

それ以外にも、経営管理職・労働所得・専門職などの分野で軒並みランクが低く、日本の企業や社会にはまだまだ男女差別の意識が深く根付いている、ということが垣間見れる結果となりました。

男女差別が色濃い日本。ワーキングマザーへの風当たりも厳しく専業主婦も多い現状

日本では女性活躍という言葉が飛び交うようになってきた近年ですが、本当の意味で女性が自由に活躍できる社会はまだ時間がかかりそうです。

そこでポイントになってくるのが「ワーキングマザーへのサポートや理解」そして「男性の育児参加」この2ワードです。

育休からあけて職場に戻った時の職場の対応がまだまだ整っていない日本の企業は多く、もっと言うと育休を取れずに退職していく女性も多いのが現状です。

そして職を失った女性は専業主婦となるのです。

世界的に見ても日本は専業主婦の割合が高い国です。

社会が、企業が、子どもがいる女性を「1」とカウントしていないと言う実情があります。

それと関連するのが「男性の育児参加」であると思います。

男性が育児や家のことを自分ごとと捉えていないことに問題があるのです。

社会の男女平等の第一歩は各家庭内での男女平等からはじまるのではないでしょうか。

これからさらに求められるのは、性別により分けられることなく皆が平等な世界

女性の就業率がとても高い北欧諸国。それに対し、結婚や出産後の退職率が高い日本。

自らすすんで家庭に入る方もいますが、働きたくても働けない環境になってしまった、という方も多いでしょう。

その裏には男女差別による問題も隠れている、ということは間違いのない事実だと思います。

性別により分けられることなく、皆が対等な関係性である国に日本も一歩ずつ進んで行けたらもっと良い社会になるのでしょう。