育児にまつわる「知りたい!」をご紹介

1歳のお誕生日にはお餅を背負う?赤ちゃんの幸せを願う「一升餅」ってどんなもの?

可愛い赤ちゃんが生まれてきて
1年目の記念すべきお誕生日。

ママとしては最高のお祝いにしてあげたい!
精一杯、生まれてきたお祝いをしたい!
と思いますよね。

プレゼントに、ケーキや食事、
家族で写真を撮りに行くなんて方も
いらっしゃるかと思います。

ですが、1歳のお誕生日には
通常のお誕生会以外にも
日本固有の「一升餅」という
イベントがあるのはご存知でしたか?

地域や世代によって、
行ったり行わなかったりということもあるでしょう。

ですが、一生餅の由来やこめられた願いを知れば、
ぜひお誕生日に行ってあげたい!
と思うことでしょう。

記念になる素敵なイベントなので
ぜひ行ってみてくださいね。

その一升餅イベントについてご紹介します。

目次

一升餅の由来

昔は今よりも医療も発達してなかったので、
1歳まで生きれる赤ちゃんは
非常に少なった
といいます。

通常は、「数え年」といって
お正月に一斉に年をとるスタイルだった昔の人でも
1歳のお誕生日だけは、
特別なもの
として捉えていたようです。

そんなおめでたい1歳のお誕生に
「一升」と「一生」を掛けて
一生食べ物に困らないようにという意味を込めて
お餅をついたことが由来と言われています。

今では、
一升餅は背中に背負うことが主流のようですが、
地域によってはお餅を配ったり、
お餅の上に乗ったりといった所もあるようです。

昔も、今も、
お餅はおめでたい時の食べ物。

1歳のお誕生日がいつの時代も
特別なものだったのが分かりますね。

なんでもめでたい、一升餅

一升(約1.8キロ)の餅米は、
蒸し上げて餅になると約2kgで、
1歳のお子さまにとってはかなりの重さになります。

全然立てない子や、
嫌がって泣き出す子も多いでしょう。

そんなわが子の様子もかわいいものですが、
一升餅はお子さまの健やかな成長を祈る
おめでたい行事なので、
背負えなくても立てなくても
喜ばしいこととしてポジティブに受け止めます。



・背負って立ち上がれたら、将来身を立てられる
・座り込んでしまったら長く家にいてくれる=家を継いでくれる
・転んだら厄落としができる


などと言われます。

どんな状況であっても
縁起のよい一升餅ですが、
うっかり転んでしてケガをしたりしないように、
注意深く見守りながら行いましょう。

現代の一升餅

一升餅を用いた最もオーソドックスなお祝い方法は、
風呂敷に包んだ大きな一升餅を背負わせることです。

しかし、
現代の一升餅には名前の入っているものから、
キャラクターの形のものなど、
カラフルで色々な形があり
風呂敷ではなくリュックサックのようなものに
入れて担がせるスタイルが主流のようです。

また、終わった後に、
ご家族や親せき、友人などに
お祝いの品として配れるように、
袋に入って小分けになったタイプもあり、
お誕生パーティーのイベントとして一升餅を行い、
参加してくれた方々に配るようなスタイルが人気
です。

小さいお子さまが
大きなリュックに入ったお餅を
担ごうとしている様子だけでも、
微笑ましくて
みんなが幸せな気持ちになってしまいますよね。

家族の願いが詰まった素敵なイベント「一升餅担ぎ」を楽しみましょう

実は、かなりの昔から行われていた「一升餅」。

地域によって、スタイルは色々かもしれませんが
わが子の成長を祝い、
元気で過ごしてくれることへの
家族の願いが詰まった日本らしい素敵なイベント
です。

今はおしゃれでかわいい一升餅も
たくさん売られていて、
バースデーイベントしても手軽に出来るので、
ぜひお餅を担いだかわいいわが子の姿を
写真やビデオにおさめて、
素敵な思い出として残しておきたいですね。