育児にまつわる「知りたい!」をご紹介

離乳食はいつからはじめる?それはなんで?開始時期の目安とその理由

育児書には「離乳食は5〜6ヶ月頃から開始」と書いてあるけれど、実際はどうなの?

なんでその時期なのでしょう?

また、その時期にはじめないとダメ?何か問題がある?

離乳食開始の赤ちゃんの目安も含めてご紹介します。

目次

離乳食の開始時期

離乳食はいつからスタートするものなの?

離乳食は厚生労働省の資料にて

「5〜6ヶ月頃からスタートするのがベストタイミング。この時期より早くても遅くても様々な面で赤ちゃんの発達に好ましくない影響がある」

とされています。

これには理由があります。

固形の食べ物を食べられない

5〜6ヶ月頃より前の赤ちゃんはまだ未熟なため固形の食べ物を食べる準備ができていません。

咀嚼することももちろんですが、消化器官が未発達で食べ物を与えてもうまく消化できない場合があります。

その結果、胃腸などの器官に負担がかかり体調不良を引き起こす場合もありますのであまり早いうちに与えるのはやめましょう。

「押し出し反射」により、口に入ったものを出してしまいます。

5ヶ月より前の赤ちゃんは原始反射の一つである「押し出し反射」があります。

なので、食べ物やスプーンを口の中に入れると反射的にベーッと出してしまうのです。

これはその子の気分や性格なのではなく、身体的な特徴ですので、たとえこの時期に離乳食を始めようとしてもうまくいきません。

なのでその反射がなくなる5〜6ヶ月頃が離乳食のスタート時期としては最適なのです。

離乳食前に果汁など、準備として与えた方がいいの?

昔は離乳食を与える前に果汁を与えたり、スプーンを口に入れることに慣れさしたりする、といった習慣がありましたが、近年は栄養や発達の観点からそのような必要はない、といわれ行わないようになってきています。

果汁は大切な赤ちゃんの乳歯を虫歯にしてしまう原因になる場合もありますし、上記で記載した通り5〜6ヶ月頃より前の赤ちゃんは押し出し反射がありますのでパパやママが一生懸命練習しようとしても意味がありません。

適切な時期にスタートし、適切な食べ物を与えることが最も重要です。

【あわせて読みたい】
赤ちゃんのかわいい大切な乳歯。守ってあげたいですね。

離乳食の開始が遅くなるとどんな影響があるの?

そもそも離乳食は与えないといけない?

1歳までは母乳だけで育てる、といったママもたまに見受けられますが、赤ちゃんの身体の視点から言えば、やはり離乳食はあった方が良いです。

生後6ヶ月から1歳の間は寝ているだけだった赤ちゃんがどんどん動けるようになり、二足歩行までに進化する大きな変化がある時期です。

人間の人生の中でこんなにも身体が変化し成長する時期はない、といっても過言でないという時期がこの時期です。

そんな中、母乳やミルクだけで過ごすのはやはりエネルギー不足となってしまうことは否めません。

その後の赤ちゃんの身体の成長にも影響が出ることがありますので、離乳食は適切な時期にスタートし、大人と同じものが食べれる時期まできちんと食べる練習をしていきましょう。

離乳食の開始が遅くなると発達が遅くなる可能性があります。

離乳食の開始が遅い時期になってしまうと「鉄欠乏性貧血」のリスクが高まります。

鉄欠乏性貧血とは、鉄分が不足して体内に酸素を運ぶ働きを担うヘモグロビンが少ない状態のことをさします。

赤ちゃんが鉄欠乏性貧血にかかると運動発達が遅れたり言葉の発達が遅くなったり、といった症状が見られることがあります。

赤ちゃんは生まれながらにして鉄分を貯蓄していますが、それが母乳だけでは徐々に足りなくなってきます。

母乳からも鉄分は取れますが、5〜6ヶ月以降の赤ちゃんは離乳食で補うことが必要になります。

赤ちゃんの健康や成長のためにも適切な時期に離乳食をスタートしましょう。

赤ちゃんが離乳食を始める目安って?

生後5〜6ヶ月頃をむかえて、下記のような赤ちゃんの様子が見られたら離乳食をスタートする時期がきた、と思って良いでしょう。

1 首がしっかりすわってる
2 よだれの量が多くなってきた
3 大人が食べる様子に興味を示す(じーっと見つめる)
4 スプーンなどを口に入れても舌で押し返してくることが少なくなる
5 支えてあげるとおすわりができる

赤ちゃんの様子とママの都合を合わせて、最適な時期に離乳食が始められるといいですね!

離乳食を開始する際に必要なグッズ

お食事スタイ・エプロン

これまでのよだれ用のスタイはコットンでできた肌当たりがやわらかいものが多かったと思いますが、お食事用のスタイは用途が全く異なります。

お食事用のスタイの一番重要なポイントはその下に着てる洋服が汚れないこと。

なのでビニール製のもので汚れてもシミになりにくいものがおすすめです。

【おすすめのお食事スタイ】
スウェーデンのElodie Details(エロディーディテールズ)のお食事用防水スタイは毎日のお食事にぴったり!デザインも機能もピカイチな逸品です。

Elodie Details お食事防水スタイ Powder Pink
Elodie Details お食事防水スタイ 白襟クラウドブルー

離乳食用食器

離乳食用のお皿やスプーン・フォークは必須アイテムです。

離乳食初期の頃は本当に少量なので家の小皿などで代用しても良いかもしれません。

中期以降になると食べる量が増えてくるのと自分でお皿をさわったりしだすので割れない材質のものなどを用意すると良いでしょう。

【おすすめのベビー食器ブランド】
デンマークのおしゃれなベビー食器done by deer(ダンバイディアー)
後ろにはシリコンの滑り止め付き。メラミン製で割れづらいのでベビーのお食事に最適です。

離乳食用調理器

すりつぶしたりおろしたり、というように離乳食は赤ちゃんが食べやすいような形状にすることが大切です。

そのための便利な調理器具セットを持っていると何かと重宝します。

保存容器

離乳食は毎日その度に作る、というと結構手間がかかりますので、一回にまとめて作って冷凍保存することを習慣にするのがおすすめです。
離乳食初期はまだ量も少ないので製氷トレーなどの利用がおすすめです。

【あわせて読みたい!】

あまり難しく考えることはありません。赤ちゃんと一緒に気楽に離乳食生活を始めましょう。

離乳食って面倒くさいのでは?難しいのでは?と悩むママも多いと思いますが、やってみるとそんなに難しいものではありません。
また、一生懸命お口をあけてスプーンを口に入れて食べる赤ちゃんの姿はとってもかわいいものです。
あまり難しく考えず、肩の力を抜いて赤ちゃんとの離乳食生活を楽しんでくださいね。