育児にまつわる「知りたい!」をご紹介

産後の体調不良&風邪をひきやすいママへ。毎日の食事のポイントをご紹介

産後は、風邪をひいたら治りにくいし、すぐに風邪をひいてしまって赤ちゃんのお世話があるのにゆっくり休めない…なんてお悩みありますよね。

特に、寒い時期は、子どもも風邪をひきやすくて、そのお世話をしているママに、うつってしまうことが多々あります。

しかも、おっぱいをあげていると、気楽にお薬も飲みにくいし・・・
子どもを産む前までは元気いっぱいだったのに・・・
なんですぐに風邪をひいてしまうんだろう・・・

なんて不安になることありませんか!?

子どもを産んで身体が弱くなってしまったのか?
子育てという休めない環境が原因になのか、それとも…?

休みたくても休めない、ママの風邪対策を簡単に取り入れられる食事の面からアドバイスします。

毎日の食事が、あなたの体を作っています。
なにはともあれ、ママが元気じゃなくっちゃね!

【あわせて読みたい!】

目次

すぐに風邪をひく原因は・・・

風邪にかかりやすくなる原因としては、なんといっても産後は、睡眠をとるのが難しい事が挙げられます。

赤ちゃんのお世話をしていると、ゆっくりと睡眠をとるのは至難の業ですよね。

疲れたな〜と思う前に横になって少しでも休むのがまずは一番です。

そして、産前産後のホルモンバランスの変化による、免疫力や抵抗力の低下も考えられます。

出産や慣れない育児でママの体は、思った以上にボロボロ・・・

通常よりも風邪にうつりやすい状態であることを自覚して、外出時はマスクも着用したり、手洗いうがいなどを徹底して、感染防止に努めましょう。

風邪をひかない体作りにおすすめな食材&メニュー

免疫力アップのポイントは「腸」なんです

風邪をひかない体にするには、ずばり免疫力をUPするのが大切です。

免疫は私たちの体を守ってくれる重要な仕組みで、免疫力が低下すると、風邪にかかりやすくなるだけでなく、風邪が悪化するリスクも増えてしまいます。

では、どのようにすれば免疫力を高めることができるのでしょうか?

ポイントは、「腸」にあります。

免疫力の60〜70%は腸にあるといわれていて、腸内環境を良好に保つことで、免疫力の低下を防ぐことができるのです。

風邪をひいたり体調を崩しやすい時って、便秘だったり、お腹の調子が悪かったりすることってないですか?

腸内環境を整えるには整腸作用のあるヨーグルト、漬物、味噌といった発酵食品やオリゴ糖に食物繊維、さらに、トマトやリンゴ、お茶などに含まれるポリフェノール類がおすすめです。

また、青背魚に多く含まれるEPAなどのn-3系不飽和脂肪酸も細胞の炎症を抑えてくれて免疫細胞助けてくれるので、おすすめです。

腸内環境活性化に!ママに不足しがちなタンパク質は意識的に摂取して

そして、腸内環境を整えることに加えて、免疫細胞自体に働きかける食べ物も必要です。

免疫細胞を活性化させるためには、なんといってもまずは、タンパク質が必要です。

特に、出産で女性の体は、急激なたんぱく質不足になっていることも多い上に、手軽にとれるパンやおにぎりなどばかりになっているママも多いはず…

そんなママ達の救世主になれるメニューと言えば・・・

豆腐や油揚げに野菜や海藻をたっぷりいれたお味噌汁や具だくさんの豚汁などいかがでしょうか?

腸内環境を整えてくれる発酵食品であるお味噌には、微量ミネラルや亜鉛を含み、免疫力に対する効果がかなり期待できます。

そんなお味噌汁にビタミンやタンパク質のをふくんだ具剤をプラスすれば、手軽にとれるスーパー免疫アップフードの完成です。

具をたくさん入れれば、腹持ちもよくなるので、産後太りを気にするママにも安心ですし、昔から日本では「味噌汁を飲むと母乳の出が良くなる。」と言われているので、授乳中のママにも大変おすすめです。

さらにお味噌汁や豚汁は子どもにも人気のあるメニュー。
お子さんも喜んで食べてくれることを考えると一石二鳥のメニューですね!

忙しいママだからこそ、毎日の食事から健康管理を意識して

忙しいママは子どもの健康に気を遣うあまり、ママ自身の体が弱っている・・・なんてこと多いですよね。

ママが元気であることが、子どもや家族の元気の秘訣でもあります。

小さい子のお世話をしているとなかなか手の込んだ料理は難しいですが、簡単な食事にプラスαしてみたり、外食やお惣菜を買うときに少しだけ気をつけて、食事からも健康管理してみてください。

「今日の食事が、明日の体を作っています」
体に気をつけて育児に家事に頑張ってください!