育児にまつわる「知りたい!」をご紹介

待ちきれない!赤ちゃんが感情で笑うのはいつ?笑いと赤ちゃんの関係

「あー!笑ったー!かわいい〜〜〜」

毎日かわいい赤ちゃんを前に
ニコニコ笑顔が溢れる日々でしょう。

生まれた直後からニコニコしてる
赤ちゃんは見てるだけでこっちまで
幸せな気持ちになりますよね。

ですが、赤ちゃん自身が
自発的に笑うのっていつなの?

早く赤ちゃんと笑いあって
遊べたらいいな。

そんな思いのパパママも多いかと思います。

赤ちゃんは生まれた直後から
笑うことをご存知ですか?

赤ちゃんと笑いの関係についてご紹介!

目次

生後0~2カ月頃の「生理的微笑」

赤ちゃんは生まれたすぐ後から
ニコッと笑顔になることがあります。

寝ている時にでも
ニコっとしたり、ニヤッとしたりする
赤ちゃんはたまらなくかわいいものです。

ですが、この時の赤ちゃんは
楽しかったり嬉しかったりするから
笑っているのではありません。
(ちょっと
 がっかりさせてしまいましたか?)

この時の笑顔は「生理的微笑」とか
「新生児微笑」と言われる
顔の筋肉の反射のため、
笑顔が作られる、ということで、
感情が伴った表情ではないのです。

ですが、一説では、
この生理的微笑は生まれてすぐの
か弱い赤ちゃんが
「愛してください。可愛がってください。」
ということを周りに感じてもらうための
本能の働きとも言われています。

赤ちゃんが生きていく時に必要な
知恵といってもいいでしょう。

「本能」ってすごいですね。

生後2~3カ月頃以降の「社会的微笑」

生後2ヶ月以降になると
赤ちゃんはだんだんと周囲の状況を
認識しはじめるそうです。

その中で毎日やさしく接してくれている
パパやママに愛着を感じてきます。

そこでだんだんとママやパパが
あやしてあげている時などに
ママやパパに向かって
笑い返してくることが多くなります。

これを「社会的微笑」と呼びます。

社会的微笑の最初はママやパパの
真似からはじまるそうです。

なので、この頃の笑いは
感情半分、真似っこ遊び半分、
と言えるでしょうね。

ですが、これまでと違い、
あやした後反応が返ってくるので
パパやママとしてはとてもかわいくて
育児時間が
どんどん楽しくなってくるかと思います。

生後6ヶ月以降は感情で笑うように!

生後6ヶ月以降になると
赤ちゃんの情緒もかなり発達します。

嬉しい、悲しい、楽しい、
など、色々な感情が脳と心で認識
できるようになる時期なのです。

そしてその時期から赤ちゃんは
自分自身でその感情を表現できるように
なってきます。

パパやママが近くに来ると
「嬉しい!」
あやしてくれて
「面白い!」
笑いかけてくれて
「たのしい!」
そんな気持ちになり、
自然と赤ちゃん自身の感情から
笑顔が作られるのです。

「きゃっきゃっ」と
歓声をあげながら楽しそうに
笑う赤ちゃんは最高にかわいいですね!

この頃になるとこれまでの
本能的な笑いではなく、
赤ちゃん自身の意思が伴った笑いへと
変化します。

赤ちゃんが笑うことの効果

脳の発達を促す

笑うことで脳が活性化します。

赤ちゃんも笑うことで脳の発達が
促されるので、
賢い子になるかもなるかもしれませんね。

情緒が豊かになる

人から若いかけられ、赤ちゃん自身も
笑うことにより、情緒が豊かになり
やさしい気持ちが育まれます。

逆にあまり笑いかけられていない赤ちゃんは
感情をあまり表現しない
サイレントベビーになる可能性も。

とはいえ、個人差がありますので、
あまり笑顔が少ない、という赤ちゃんも
必要以上に心配することはありません。

ストレスがなく健康面でも◎

大人でも
笑うことはストレス発散になりますよね。

赤ちゃんでも同じこと。

笑うことで気持ちを表に出し、
ストレスをため込まず免疫力を
高めると言われています。

赤ちゃんだからストレスなんて
感じないでしょ!?
と思うかもしれませんが、
赤ちゃんだって人間です。

大人と同じようなストレスではなくても、
ストレスフリーな胎内から
慣れない環境に生まれてきた
時点でストレスを感じている、という
考え方もあります。

ストレスは万病のもと。

たくさん笑って健康的な成長を
促しましょう。

赤ちゃんが笑ってくれるようになる5つのコツ

①たくさん笑いかけましょう

パパやママが笑っているだけで
赤ちゃんに幸せな気持ちが伝染します。

赤ちゃんになるべくたくさん
笑って語りかけたてあげましょう。

②スキンシップをたくさんとりましょう

赤ちゃんは身体をやさしく
触れられることが大好き。

特にパパやママからスキンシップを
取られるだけで快感とともに
楽しい気持ちが生じます。

ぎゅっと抱きしめたり
ちょっとくすぐったり。

時間があるときはベビーマッサージを
してあげることもおすすめです。

③音がなるおもちゃや歌をうたってあげましょう

自分で自由に動けない月齢だからこそ、
聞き慣れない音や心地よい音に敏感です。

赤ちゃんが好む音がなるおもちゃで
あやしてあげたり、
やさしいお歌をうたってあげると
それだけでニコニコします。

④色がパキッとした絵本を見せてあげましょう

月齢が低い赤ちゃんはまだ視力が
大人ほど発達していません。

ですが、
色彩がパキッとしたものでしたら
判別しやすいので興味を示すことが
多いのです。

ずっと寝ている体勢が多い時期なので
ちょっと退屈なのかもしれませんね。

月齢が低い赤ちゃんには
色彩がパキッとしたものがおすすめです。

⑤赤ちゃんの笑顔に反応してあげましょう

生理的微笑であれ、社会的微笑であれ、
赤ちゃんがニコッとしたら
パパママもニコッとして
反応してあげましょう。

その際に
「楽しいね〜。ご機嫌ですね〜。」
など、楽しげに語りかけてあげると
より楽しい気持ちになって良いです。

赤ちゃんは自分がニコッとすることで
周りの人も幸せな気持ちになることを
感じることでしょう。

そうすることで情緒豊かなたくさん笑う
赤ちゃんへと育っていくのですね。

赤ちゃんの笑顔は周りをハッピーにしてくれます

赤ちゃんと笑いの関係、
少しご理解いただけましたか?
うまれたときから本能的に
笑うことが備わっているなんて、
人間にとって笑うことがどんなに
重要なことか改めて考えさせられますね。

ピュアな赤ちゃんの
幸せそうな笑顔は
それだけで周りをハッピーにしてくれます。

パパママも一緒に、笑顔あふれる日々を!