育児にまつわる「知りたい!」をご紹介

赤ちゃんの栄養、足りてる?足りてない?を見分ける4つのポイント〜授乳・離乳食〜

赤ちゃんを育てている中で
気がかりなのは
おっぱいやミルク、または離乳食が
ちゃんと足りていて、
栄養的にも問題がないか、ということ。

言葉を話さない赤ちゃんだからこそ
ママやパパがしっかりチェックして
見てあげたいところですよね。

ここでは、赤ちゃんの栄養の面で
心配になった場合にチェックする
4つのポイントをご紹介。

この4つに問題がなければ
ひとまずは安心してよいでしょう。
ぜひご参考にしてみてください!

目次

1 赤ちゃんの顔色や肌の状態をチェック!

飲んだり食べたりする量が
多くても少なくても
赤ちゃんは機嫌が悪くなりますし、
体調に影響を及ぼす場合があります。

授乳間隔が極端に短くて回数が多い場合は
おっぱいやミルクが足りていない、
という場合もあります。

また、授乳後にげっぷをしても
頻繁に吐く場合は量が多い場合があります。

赤ちゃんの顔色は悪くないか、
そして、肌はツヤも張りもよいか、
ぜひチェックしてみてくださいね。

授乳が足りてない場合は顔色がすぐれず
肌も乾燥してくることも。

外見からチェックできるところから
まずは初めてみてくださいね。

2 おしっこやウンチの回数をチェック!

便秘気味だったり、
おしっこの量が少ない場合は要注意です。

授乳や水分補給が
足りていない場合があります。

排泄物だけで全てを判断するのは
難しいですが、
機嫌が悪い、排泄時に苦しそう、
といった場合は一度医療機関や
保健所等で相談してみてもよいでしょう。

3 発育曲線のカーブに沿って身長や体重が増えているかチェック!

感覚ではなく、最もはっきりと
判断できるのは赤ちゃんの体重や身長。

数値でチェックできるので
客観的な判断が可能です。

できれば1ヶ月に1回くらい計測して
グラフに記入してみましょう。

曲線のカーブに沿って数値が伸びていれば
足りているのですが、
カーブから大きく外れて下回っていたら
足りていないことを考えましょう。

体重のみカーブより大きく上回っている
場合は量が多い、
ということになるかもしれません。

ですが、成長の速度は
赤ちゃんそれぞれによって異なります。

なので1ヶ月1ヶ月の増減を
あまり気にしすぎず、
前月や翌月を含めて中期的な
様子をみながら
判断することにしましょう。

4 9ヶ月以降は鉄分を摂っているかチェック!

赤ちゃんは胎児期に鉄をママからもらい
体に貯蔵して生まれてきます。

そして、成長発達にその鉄を使うのです。

ですが、7ヶ月頃になると
貯蓄していた鉄の量が残り少なくなるので
鉄を補充する必要が出てきます。

なので、2回食から3回食に進み
主栄養源がミルクから食事に変化する
タイミングでは、離乳食で意識的に
鉄を摂り入れるようにしましょう。

鉄不足が生じると
元気がなくなったり、
機嫌が悪くなったり、
体調を崩すことの原因になります。

9ヶ月以降は
意識的に鉄分を多く含む食材で
離乳食を作るようにしましょう。

離乳食にオススメの鉄分を多く含む食材

・ほうれん草
・小松菜
・納豆
・海苔
・きな粉
・レバー
鉄分を多く含む食材の一例です。
レバーなどは調理に抵抗があっても
海苔や納豆やほうれん草なら
赤ちゃんも好んで食べてくれる食材。
工夫してなるべく鉄分を
意識的に摂り入れるようにしましょう。

栄養をしっかり摂って健康的な成長を促しましょう

赤ちゃんは言葉を話さない分、
それ以外の部分で自分の状態を
伝えようとします。

機嫌が悪くなったり、
あまり熟睡しなかったり、
はたまた、
ウンチやオシッコの状態で
自分の状態を示すのです。

神経質になりすぎることはないのですが、
赤ちゃんの様子はよく観察して
適切な栄養を与えてあげることを
心がけましょう。