育児にまつわる「知りたい!」をご紹介

【出産内祝い】贈るマナーやおすすめな品物&選び方

内祝いとは
「出産祝いのお祝い返しのこと」
だと思っている方、多いですよね。

本来、内祝いとは、
もともとはお返しではなく
お祝いの記念に配るものって知ってましたか?

出産のプレゼントやお金をいただいたら、
基本的には必ずお返しか、
お返しに相当する
贈り物・気遣いをするものがマナーです。

出産祝い以外にも、
結婚祝い(式を挙げない・招待しない場合)
入園・入学・進学祝い、
新築祝い、
病気・ケガのお見舞い(退院・完治した場合)
などに頂いた贈り物に対する
お祝い返しを内祝いと言っています。

ここでは、出産内祝いについて、
選び方やおすすめの品を
ご紹介したいと思います。

目次

内容も大事だけれど「贈るタイミング」でマナーレベルを上げる

内祝いは贈る内容にも
「お相手への感謝の気持ちを示す」
ことが重要です。

出産後でバタバタしている時期とはいえ、
相手が忘れた頃に届くようでは
「こちらの贈り物やお金は
 よろこんでもらえなかったかも?」
と余計な心配をかけてしまいます。

目安として、贈り物やお金をいただいたら
1〜2か月以内に
お返しをお贈りするようにしましょう。

例えば、
生後1ヶ月以内に出産祝いを頂いた方には、
大体お宮参りの頃に
まとめて出産内祝いをお返しするのが一般的です。

出産後1ヶ月を過ぎて出産祝いを頂いた方には、
その都度内祝いを贈ることしましょう。

逆に、あまりに早くお返しが届くのも
「贈り物やお金を
 今か今かと待ち構えていたのでは」
という印象になりかねません。

まずは電話やメールなどで、
お礼の連絡を差し上げ、
タイミングを見計らって
用意するようにしましょう。

ただし、
お相手の身の回りの方に
不幸があったなどの場合は、
弔事を優先するのがマナーです。

その場合は、
内祝いを遅らせるなど
弔事と重ならないように配慮が必要です。

その際、メッセージは出産の喜びよりも、
お世話になった気持ちや、
御礼の気持ちを前面に出すようにしましょう。

「必ず半返し!」ではなくこちらの事情に合わせてOK

贈り物やお金をいただいた場合のお返しは
「いただいた金品の半額程度になる品物で」
というのが基本的なマナーではあります。

尚、出産内祝いの品物の金額は
「頂いたお祝いの3分の1〜半額程度」
が一般的なようでです。

例えば、1万円のお祝いを頂いたなら、
内祝いは3,000〜5,000円程度になります。

とはいっても、
ごく親しい方からであれば
「物入りな時だから遠慮せずに使ってほしい」
「贈り物よりも会いに来て
元気な顔を見せてほしい」
といったお気持ちがあるものです。

お相手に
「お返しにこんなにお金をかけて大丈夫?」
と心配をかけるのもなんだか失礼ですよね。

それならば、
少し控えめの金額でも
お相手に合ったものを選んだり、
別に会食の機会を設けたり
という形にしてもスマートですね。

出産内祝い。定番人気の贈り物はこんな品

出産内祝いは、
比較的もらう機会の多い贈り物なので、
お菓子やジュース、
コーヒー、
紅茶、
お米、
お酒
などといった、
食品類が定番になっています。

ただし、
贈るときには量に注意が必要です。

家族がいる人と、
一人暮らしの人では、
消費できる分量も違うので、
相手の状況を考えて
“適量”を贈るようにしましょう。

また、小さなお子様がいる家庭に向けては、
たとえ両親がお酒好きだとしても、
家族全員で楽しめるスイーツ
などにするなどの配慮も大切です。

実際に喜ばれた出産内祝いは
「カタログギフト」や
「商品券・ギフトカード」など
という調査結果もあり、
事前にネットなどで選んでおいて、
手軽に購入出来る品が定番になりつつあるようです。

ただし、
「カタログって何だか味気ない……」
と敬遠される年配の方もいらっしゃるので、
送る際はメッセージカードを添えたり、
事前に送り状をお渡しておくなどの配慮があると
いいかもしれません。

内祝いは品物を送ることだけでなくお礼の気持ちが大切です。

出産をお祝いしてくれた人たちへの
記念の品にあたる「出産内祝い」。

単なるお返しではなくて、
お祝いしてくれた感謝や、
お礼の気持ちを込めることが何より大切です。

お返しが遅くなったりなど、
マナー的にはNGとされることが若干あっても、
心を込めて御礼を伝えれば、
相手には伝わるはずです。

とはいえ、
せっかくいただいたお祝いには、
スマートに応えたいものですよね。

出産後は、疲れていたり、
何かと忙しいもの、
あらかじめ内祝いの品は、
下調べしておいて、
頂いたら時期やお相手を見て、
ネットで購入が今時ママのスタイルですね。