育児にまつわる「知りたい!」をご紹介

「夜泣き・寝かしつけ・早朝起き」ねんねのトラブルの原因5つを知ることで育児が楽になる

赤ちゃんって一日中スヤスヤ
寝ててくれるもの。

というイメージを持っていた
プレママ時代。

現実は全く違いました。

寝ない、夜泣き、早朝に起きる。

これはどのママでも経験したことのある
3大ねんねにまつわるトラブル、
というか、悩み、なのではないでしょうか。

我が子はもちろんかわいいのですが、
「早く寝て〜。なるべく長く寝て〜。」
と、赤ちゃんが寝てくれること
ばかりを願ってしまう、ということも。

そんなねんねにまつわる困りごと
トラブルの原因とその対処法をご紹介。

パパやママのちょっとした
工夫や思いで赤ちゃんのねんねに
まつわるトラブルが
なるべく少なくなりますように。

目次

【ねんねトラブルの原因①】1日の過ごし方

1日のスケジュールが
睡眠にとても大きく影響します。

これ、当たり前ですよね。

大人だってそうですね。

ですが、環境順応力が低い
赤ちゃんにとっては
1日1日の過ごし方が
大人の何倍も重要なのです。

疲れすぎる前に寝かせているか。

日中は体をよく動かして
遊んでいたか。

よく飲んだり食べたりしているか。

どれも見過ごすことなく
確認してあげ、
スケジュールを整えてあげましょう。

【ねんねトラブルの原因②】成長・発達の様子

月齢にあった成長・発達を
しているか、ということも
赤ちゃんの睡眠にとっては
深く関係しています。

赤ちゃんの様子を確認することも
もちろん重要ですが、
ここで一番重要になるのは
ママ(パパ)との愛着関係が
育まれているか、ということ。

細かい発達や成長のことを
気にするよりも、
きちんと親とのコミュニケーションを
楽しんでいるか、
そこを確認できるならば
そこまで心配することはないでしょう。

【ねんねトラブルの原因③】社会的環境

親と赤ちゃんだけの関係性以外にも
大きく関わることです。

保育園に預け始めたら
夜中に興奮して泣くこともありますし、
ママやパパが仕事で
いつもバタバタしていたら
赤ちゃんの心も安定せず
夜中に泣いたりすることがあります。

赤ちゃんだって一人の人間。

周りの環境が整うまでは
緊張しますし不安がります。

家の中以外の部分の環境も
赤ちゃんの睡眠に深く影響するのです。

【ねんねトラブルの原因④】睡眠環境

社会的環境とは対極にあるような
話ですが、
赤ちゃんが寝るスペースの環境は
赤ちゃんの睡眠の質に直結します。

寝室の温度や湿度、夜の暗さや
静かであること、
朝の日光の入り具合など、
できる限り整えてあげると良いでしょう。

【ねんねトラブルの原因⑤】心の安定

ママ・パパ・赤ちゃんの心が
満たされているかどうかも
睡眠にとってとても大切なポイントです。

赤ちゃんの精神状態は
ママとパパの精神状態の鏡です。

親が安定していると自然と赤ちゃんも
安心して、それがねんねにも
影響するのです。

ママ・パパがなるべく毎日ストレスなく
楽しくニコニコして過ごすように
努めましょう。

ねんね時のトラブルは赤ちゃんの精神状態をうつしたもの

ねんねが安定している赤ちゃんは
心も安定していると言ってしまっても
間違いないかと思います。

逆にいつまでたっても
ねんねにトラブルがついてまわる子は
何か原因があることも考えて
あげていいかもしれません。

その時に上記5つのポイントを元に
赤ちゃんをチェクしてあげることを
オススメします。

赤ちゃんが安心してスヤスヤ
眠ってくれますように。

そしてママやパパも
夜安心して睡眠がとれますように。