育児にまつわる「知りたい!」をご紹介

ベビースタイ 月齢ごとのサイズ(大きさ)や選び方のコツ

ベビースタイと一言で言っても様々なタイプや形があります。
自分で用意するときも誰かにプレゼントする時もベビー用品で悩むのはそのサイズ。
それはスタイでも大切なことです。
ベビーの月齢別、スタイ(よだれかけ)の適正なサイズについてご紹介いたします。

目次

ベビースタイはなぜ必要?
ベビーの月齢別スタイの用途と適正サイズ

赤ちゃんの贈りものと言えばスタイを連想する方も多いと思いますが、そもそもスタイは何をするためのものなのでしょう。

スタイはその用途もまた、それにあった適正なサイズもベビーの月齢によって変化するのです。

新生児期~2か月頃:スタイはミルク吐き戻し対策

スタイの首回り適正サイズ:25〜30cm

この時期はよだれもあまりまだ出ないので、この時期のスタイはミルクの吐き戻し対策として使う方が多いです。

首もまだスッと伸びていないので意外と首回りも太い時期です。

この時期はスタイのサイズよりも素材にこだわり、肌にやさしいものを選ぶといいでしょう。

ミルクの吐き戻し対策として使用するスタイ選びにはちょっとしたコツがあります。
新生児とミルクの吐き戻し対策のスタイ選びに役立つ記事も後悔しておりますのでぜひご覧ください♪

3~4か月頃:実はあまりスタイを使わない時期

スタイの首回り適正サイズ:30cm

この時期のベビーは首が座りはじめてきます。よだれは出始めますがそこまで量は多くないのでこの時期はスタイをつけてない赤ちゃんも多いです。

首回りは約30cm程度ですが、赤ちゃんによって体つきがだいぶ異なりますので首回りのサイズを調整できるスタイがおすすめです。

5か月頃:よだれが増えスタイが活躍!ですが気をつけたいポイントも!

スタイの首回り適正サイズ:25〜28cm

お座りができるようになるベビーや寝返りをするベビーも多く、運動量がアップしてくるころ。

だんだんとスッと首も伸びてきて若干首回りが細くなってきます。

よだれも増え始める時期で、それに比例してスタイの登場回数も増え始めます。

また、運動量が増えてくると気をつけたいのがスタイの前垂れ部分の大きさ。

ねんね期には前垂れが大きいものでも支障はあまりありませんが、自分で動くようになるとスタイの前垂れ部分の大きさが大きすぎるとベビーの動きを制限してしまう原因にもなります。

寝返りをした際にスタイが顔を覆ってしまうのも危険ですのでこの時期からは普段つけているタイプのスタイ(お食事スタイ以外のスタイ)はあまり大判タイプを選ばないようにしましょう。

6か月~1歳頃:乳歯が生え、離乳食が始まりスタイが大活躍な時期

スタイの首回り適正サイズ:25〜28cm

乳歯が顔を出す頃、同時に離乳食を始める方も多い時期です。

このころになるとベビーも自分で動くことが楽しく、体つきもだいぶかわってきます。

それと同時に首もだいぶ細くなり、それまでよりも首回りのサイズが小さくなる傾向があります。

首周りの平均的なサイズはこの前の月齢同様25~28cmです。

スタイのサイズ選びを間違えると!?
実際のママの声をご紹介(成功例や失敗談)

5か月の女の子ママ(34歳 東京都)

スタイは出産祝いなどでもらうことも多かったのですが、妊娠中に暇だったので何枚か手作りしました。

首回りのサイズはあまり気にせず型紙通りに作っていたのですが、途中から小さいのでは?と思って少しだけ首回りのサイズを大きくとって作りました。大体全て30cm強くらいの首回りサイズで作っていたと思います。

結果としては、それが正解でした。

産まれた時、娘は3700gの大きさで首の太さもずんぐり太めのタイプでした。

また、おっぱいもよく飲む子でとにかくずっしりしたタイプ。

なので、物によってはスタイがきつくてつけられませんでしたが、手作りしたものはサイズ感がちょうどよく重宝しました。

首回りの太さは赤ちゃんによって違うかと思いますがきつくてつけられない、というよりは(手作りする場合は)大きめに作ってゆるかったらボタン位置などで調節することがおすすめですよ。

2歳(女の子)と8か月(男の子)のママ(37歳 千葉県)

上の子の育児中、スタイはもらったり自分で買ったりとしましたが、サイズについてはあまり意識しませんでした。

見た目のかわいさでなるべく小ぶりのタイプを選んでいましたがこれが大正解!

友人の子で大きいタイプのスタイをつけている子がいたのですが、ハイハイする時にこれがジャマになってハイハイがうまくできない姿を見ました。

大きいタイプって、大は小を兼ねるといった感じで便利そうですが、ベビーにとってはただジャマなだけ。

ゴロゴロして遊ぶ時も大きいスタイはジャマになってるな~、という印象でした。

ただし例外があります!お食事用のスタイ(エプロン)は断然大きいサイズがおすすめです!洋服が汚れないためにも!

10か月の女の子ママ(38歳 大阪府)

スタイは買うときにデザインばかり目に行ってしまいますが、首元のサイズが調整できるか、というところを必ずチェックしています。

うちの娘はどちらかというと太めなタイプ。

売ってるスタイによっては首回りがきつそうになることもあるので、首元の調整はかなり重要です。

できたらマジックテープが装着も楽なので一番いいです。

よだれ対策用もお食事用も同じ点を気を付けて選んでいます。

まとめ

スタイ選びはサイズも重要!

つけるベビーのことを考えてどんなタイプがぴったりかを検討しましょう。

おススメのスタイはこちら

バンダナ型スタイ

コンパクトなバンダナ型はベビーの行動を妨げることなく、よだれなどからお洋服をしっかりガード。
首の後ろで留めるスナップボタンは2段階あるので成長にあわせてお使いいただけます。

お食事用エプロン

お顔周りをはなやかにするレースのフリルがかわいい女の子用のお食事エプロン。
お外でのお食事にぜひご使用いただきたいスタイです。

その他、数多くスタイの種類を取り扱っておりますので
kultid オンラインショップヘ どうぞ お立ち寄りくださいませ。



【あわせて読みたい!】